刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


オーダーのほうが忙しく、なかなか新作ナイフを製作できませんでしたが、時間を見て少しずつ進めていたナイフが完成しましたのでご紹介いたします。

 

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

実用ナイフ2本と、花梨瘤を使用したカスタムナイフ2本です。

 

 

 

 

1本目はブレード長約150个離淵ぅ佞砲覆蠅泙后

 

ブレードは白紙1号本割込みで、1本あると様々な場面で役に立つサイズです。

 

ハンドルは花梨瘤を使用。

大変綺麗な瘤模様で、さらに特殊コーティングを重ね大変綺麗な艶があり、耐水性・耐衝撃に優れています。

 

シースも今回4亳のイタリアンレザーを使用していますので、かなり頑丈です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目も1本目と材質・サイズ・形状はほぼ同じで製作しましたので、説明は省きます。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

3本目は刃渡り約135弌淵僖薀魁璽匹泙任離屮譟璽苗耕155弌砲亮騨僖淵ぅ佞任后

 

ブレードは白紙1号本割込みで、ヘアライン仕上げとなっており、気兼ねなく使用できる仕上げとなっています。

 

ハンドルはパラコードのオレンジ&ブラックのカモフラージュとなります。

明るい色なので落とした時も見つけやすい色です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4本目は刃渡り約170弌淵僖薀魁璽匹泙任離屮譟璽苗耕195弌砲侶鉈です。

 

ブレードは白紙1号本割込みで、黒打ち仕上げ、厚みが最大6个△襪里之鉈としても使用できます。

切っ先峰部分は軽く落としてありますので、狩猟の際の解体に便利です。

 

ハンドルはパラコード巻きで、古くなったり、飽きたりした場合は巻替えできます。

タング部分は錆防止加工を施してあります。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 



2020/01/26 (日) 17:30 | 刃物関係
- | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする