刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

 

弟子の独立は春ごろを予定しておりましたが色々ありまして、まだ先の話になりそうなので、弟子ともどもよろしくお願いします。

 

新春1発目の新作小型ナイフが2本完成しましたのでご紹介いたします。

 

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目はブレード長約100个両型ナイフです。

 

ブレードは白紙1号本割込みで、使い勝手の良いスタンダードなデザインです。

このサイズは1本あると日常的にも大変便利なサイズです。

 

ハンドルはマーブルウッドを使用。

瘤模様が大変綺麗で、特殊コーティングにより艶があり、防水性、湿気や乾燥からの膨張・縮小を防ぎます。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

2本目もブレード長約100个両型ナイフです。

 

ブレードの仕様は全く同じで、ハンドル違いの作品になります。

 

ハンドルはうちでは初となる栃のスポルテッドのスタビライズドウッド(樹脂含侵加工)になります。

芯まで樹脂を染み込ませてありますので、大変美しく、耐水性・強度に優れています。

さらに仕上げで特殊コーティングを施してありますので、こちらも綺麗な艶があり、湿気や乾燥からの膨張・縮小を防ぎます。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 



2020/01/13 (月) 18:03 | 刃物関係
- | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする