刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


先日開催されました「広島ナイフショー」に出展いたしました新作ナイフを販売ページのほうにアップいたしました。

 

手元に残った3本だけですが、ナイフショー用に気合を入れて製作したものですので是非ご覧ください。

 

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は今回初となる手打ちニッケルダマスカスの黒打ち仕上げです。

 

ブレードは純ニッケル+極軟鉄+青紙2号の折り返し鍛錬したダマスカスに、白紙1号を挟み込んでいます。

研ぎ幅部分のみ磨いていますが、面の部分は焼きを入れてそのままの状態です。

包丁で言う「黒打ち仕上げ」となりますので、研いだり磨いたりする手間が省けるので価格も抑えることができます。

純ニッケルを使用しているので、焼き入れしたままの状態でも模様が綺麗に浮き出ます。

 

短い動画もございますので是非ご覧ください。

 

 

 

その他詳細は販売ページよりご覧ください。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約155个梁秦惺櫂淵ぅ佞任后

 

久しぶりの多層鋼ナイフです。

ハンドルはタイガーオークのスタビライズド(樹脂含侵)でなかなか手に入らない大変希少な材です。

 

詳細は販売ページにてご覧ください。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

最後3本目はブレード長約140个梁秦惺櫂淵ぅ佞任后

 

何かと便利なサイズで、ハンドルもシンプルに花梨の瘤のみを使用しています。

今回の3本の中では1番リーズナブルなナイフとなります。

 

詳細は販売ページをご覧ください。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック