刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


仕上げのレベルを落とし、お求めやすい価格の実用仕上げナイフが4本仕上がりましたのでご紹介いたします。

 

白紙1号本割込み2本に、青紙スーパー本割込み2本です。

 

あと、アウトレットの包丁4本を先ほどオークションのほうに出品いたしましたので、こちらも是非ご覧ください(^^)

 

 

 

 

※写真をクリックすると大きな画像がご覧になれます。

 

ブレードに傷のようなものが写っていますが、錆止めを塗布しておりますのでそれの痕です。気になる方は塗りなおすか、シンナー等で拭き取れば取れます。

 

本数が多いので詳細はHPの方でご確認ください。

 

 

 

 

 

ブレード長約110个稜鮖1号本割込みナイフです。

ハンドルは久々のクラウンスタッグを使用しました。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

ブレード長約115个稜鮖1号本割込みナイフです。

ハンドルはブラックアンドホワイトエボニーです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレード長約100个寮鳥罐后璽僉舎楹箙みナイフです。

ハンドルは黒合板です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

ブレード長約100个寮鳥罐后璽僉舎楹箙みナイフです。

ハンドルは花梨瘤です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

とりあえず、実用仕上げのナイフはこれで一旦お休みして、また上仕上げのナイフ製作に戻ります。

実用仕上げばかりを作っていると上仕上げの腕が落ちてしまいそうなので(^^;)

 

半々くらいで製作していけるといいかなと思っていますのでよろしくお願いいたします。

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック