刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


前回、仕上げレベルを落とした実用仕上げのナイフが好評でしたので、追加で2本製作いたしました。

 

今回は人気の青紙スーパーと、これからのアウトドアシーズンに1本あると大変便利な小型の片刃ナイフです。

 

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

 

 

 

 

 

最初にブレード長約140个離淵ぅ佞任后

 

ブレードはご好評いただいております青紙スーパーの本割込みで、刃先を除き、防錆コーティングを施しています。

 

ハンドルはボコテを使用。特殊コーティングを施してありますので、艶があり、防水性に優れています。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約100个両型片刃ナイフです。

 

ブレードは白紙1号沸かし付け本鍛造(右利き用)で、小魚解体や、ちょっとした時に大変便利なサイズです。

 

ハンドルは黒檀を使用。特殊コーティングを施してありますので艶があり、耐水性に優れています。

 

シースはポーチタイプで逆さにしても簡単には抜け落ちることはありません。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック