刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「これまでとあまり見た目を変えずに、お求めやすく、実用しやすい価格に」を目標に製作したナイフを2本製作してみました。

 

 

これまでの実用ナイフというと、パラコード巻きや、無骨でいかにも実用品っていうナイフが多かったのですが、見た目もある程度綺麗なもので、価格を抑えたナイフを作って欲しいというご要望が多かったので、製作しました。

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目はブレード長約150个離淵ぅ佞任后

 

ブレードは白紙1号本割込みで、ハンドルは花梨瘤(特殊コーティング加工)です。

 

ブレードは刃先を除き、錆防止コーティング済みです。

ハンドルは見た目をよくするために、ちょっと贅沢に花梨瘤を使用しています。

ただ、手間を少しでも省くためハンドルエンドにかけて太くなるタイプで、あまり細かい番手までは磨き上げていません。

見た目は特に変わりないと思います。

 

シースも少しよれや、シワなどがある部分を敢えて使用して、いつもの物よりも製作しやすいタイプのシースになっています。

 

実用仕上げという事で価格を抑える分、細かい部分にはそこまで手間をかけておりませんので、細かい部分が気になる方はいつも通りの仕上げのナイフのほうをお選びいただけると助かります。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約125个離淵ぅ佞任后

 

仕様は全て1本目と同じでブレードのサイズが違うだけです。

 

 

販売ページはこちらです。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック