刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ダマスカスから柄まで全て手作りの世界で1つだけの高級包丁が2本完成しましたのでご紹介いたします。

 

今回はより多くの方に見ていただきたいので、HP以外にヤフオクのほうでも同時出品(即決のみ)いたします。

2本しかないのでどちらかで売れ次第終了となります。

 

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

 

 

 

1本目は刃渡り長約190个1番使われるサイズの牛刀です。

 

桐箱にお入れしてお渡しいたします。

 

 

ダマスカスは、純ニッケル、軟鉄、青紙2号を144層まで折り返し鍛錬後、芯材の白紙1号を挟み込みで入れていますので、トータル289層のダマスカスとなっています。これはうちで製作したニッケルダマスカスの作品では過去最高層です。

 

柄は、ブラックペーパーマイカルタを人工大理石(コーリアン)で挟み込み、メインにメープルバールのスタビライズドウッド(樹脂含侵加工)を合わせ、八角柄に仕上げました。

八角なので、握りやすく、滑りにくいです。

 

パーツの多い柄は使っていくうちにパーツ同士の接着などが弱くなり、ガタついたり、隙間が開いてきたりする可能性があるので、そういう問題が起きないように見えない部分に隠しピンなどを埋め込み、強度も万全にしています。

 

柄ができるまでの工程はこちらで公開しております。

 

 

人工大理石部分は、よく見ると綺麗なマーブル模様が入っています。

 

 

様々な角度から撮った説明付き動画もございますので是非ご覧ください(^^)

 

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約135个離撻謄ナイフになります。

 

刃渡り135个任垢里如▲撻謄としてだけでなく普通に野菜なども切ることができます。

 

こちらは桐箱がないので、写真の箱にお入れしてお渡しいたします。(その分価格もお安くしております)

 

 

こちらも1本目の物と同じく、289層純ニッケルダマスカスです。(芯材は白紙1号)

 

純ニッケル独特のギラギラ感が高級感を引き立てます。(純ニッケル部分だけは錆びたり変色したりすることはないです)

 

 

柄はブラックアッシュバールのスタビライズド(樹脂含侵加工)をブラックペーパーマイカルタで挟み込みんだ八角柄となっています。

 

 

固定用ピンは上2本、下4本入れていますので強度は抜群です。

 

 

こちらも様々な角度から撮った動画がございますのでご覧ください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック