刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


昨日投稿しました高級八角柄を本日ニッケルダマスカスの刃に取り付けました。



刃は純ニッケル、軟鉄、青紙2号を288層まで折り返し鍛錬し、最後に白紙1号を挟み込んでいます。(正確には144層まで折り返し鍛錬し、芯材の白紙1号を挟み込んでいるので全部で289層)







鋼も敢えて乱れさせる加工を施しています。(一部ちょっと鋼が出すぎましたが、これもダマスカスならではの味という事で…^_^;)






柄も全て手作りなので、世界で1つだけの包丁となっています。





人工大理石はよく見ると綺麗なマーブル模様が出ていて、高級感があります。

継ぎ目のブラススペーサーも高級感を引き立てています。





あとは桐箱に筆入れして、中身も綺麗に収まるように作りましたらHPにて販売予定です。



様々な角度から撮影した動画もありますので是非ご覧ください。


あと1本、高級ペティももうすぐ完成しますのでご期待ください(^^)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック