刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


安来ナイフショー用で製作していた変わり種ナイフその2、片刃小型渓流刀3本をHPにアップいたしましたのでご紹介いたします。

 

 

写真は4本ですが、1本売れたので残りの3本となります。

 

全て、白紙1号沸かし付け本鍛造(片刃・右利き用)で、桐箱付きとなります。

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約70个痢▲織ぅーアイを埋め込んだナイフです。

 

こちらはレザーシース付きです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約55个痢▲屮薀奪オニキスを埋め込んだナイフです。

 

こちらはレジン鞘付きになります。

鞘にはきっちり収まりますので、逆さにしても抜け落ちません。

ハンドルが共柄なので、どこまで差し込めばいいかわかりにくいので、刃が隠れて、鞘が固定されるのを目安にして、それ以上に無理に奥まで差しすぎないようにご注意ください。(無理に差し込むと鞘が割れたりする恐れがあります。)

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

3本目は刃渡り約70个痢▲瓮離Δ鯔笋畊んだナイフになります。

 

こちらはボコテの木鞘付きとなります。

 

こちらも同様に鞘の取り扱いにはご注意ください。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

これで安来ナイフショーに出展した作品は以上となります。

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック