刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


先日島根で開催されました安来ナイフショーに出展いたしましたニッケルダマスカスナイフ2本をHPのほうにアップいたしましたのでご紹介いたします。

 

 

2本ともショー用に製作したものですので、かなり丁寧に仕上げております。

 

※写真をクリックすれば大きな画像をご覧になれます。

 

 

 

 

1本目はブレード長約115个離淵ぅ佞任后

 

ブレードは1から全て鍛造したダマスカスで、純ニッケルを贅沢に使用しています。

完成品のニッケルダマスカスの板はほとんどが純ニッケルではなく、合金のニッケル鋼を使用してありますので、価値と輝きが違います。

本鍛錬ができる者のみが鍛造できるダマスカスです。

芯材は白紙1号を挟み込み本鍛造しております。

 

ハンドルはブラックペーパーマイカルタと、人気のボックスエルダーバールのスタビライズド(樹脂含侵加工)で、鮮やかな色と木目が大変綺麗です。

 

シースは今回初となる、イタリア産の高級ヌメ革を使用。

見た目はいつもとほとんど変わらないですが、滑らかさや、艶が違います。

その高級ヌメ革にダイヤモンドパイソンの革(蛇皮)を合わせ、大変贅沢なシースとなっています。

 

動画もございますので細部までじっくりご覧ください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約130个離淵ぅ佞任后

 

ブレードとシースの仕様は1本目のナイフと全く同じです。

 

ハンドルは人工ターコイズにバッキーバールのスタビライズド(樹脂含侵加工)です。

ピン止めの上から手作りのモザイクピンを両面に埋め込んであります。

 

こちらも動画ございますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

残りのナイフショー出展作品も時間を見てちょこちょこアップしていきます。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック