刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


今年も参加してきました「安来ナイフショー」

 

今年は弟子が独立準備などで忙しいので、片道500劼瞭擦里蠅魄貎佑捻薪召靴討い辰討ました。

やっぱり2人で行くのと1人で行くのじゃ全然違いますね・・・(笑)

 

夜の11時に出発して、のんびり行って朝の6時に到着。

 

 

駐車場で2時間ほど仮眠をとって、準備開始!

 

 

開場時間は10時でしたが、すでに会場には準備をしているメーカーさんが多数。

 

会場は去年と同じだけど、参加者は増えたような気がします。

 

 

 

 

自分のブースは入り口の真正面という好立地(笑)

 

持ってきた作品はいい感じに全て収まりました♪

 

お客さんも開場時間前から結構来られて、1日目は結構多かったと思います。

 

そんなこんなであっという間に1日目は終了し、そのまま懇親会へ。

 

懇親会自体は3時間弱ほどで終わったので、予定より早くホテルにチェックイン。

今年も安来のホテルはどこも満室で予約できなかったので、お隣の(県も変わっちゃいますが)米子まで電車で8分、ホテルは米子駅の真ん前なので特に不便ではなかったです。

 

 

 

 

ただ、禁煙ルームを間違えて予約していたので、部屋は4階でタバコ吸いたくなったら1階まで行かなきゃ吸えなくて面倒でした・・・(我慢してさっさと寝ろって話ですが・・^^;)

 

 

 

 

そして2日目。

毎回どこのナイフショーでも2日目はお客さんが少ないのですが、今回も少なかったです(笑)

 

 

 

外は2日とも天気に恵まれてとても過ごしやすかったんですけどね〜。

 

 

ということで、そんなこんなでナイフショー終了。

 

今年は去年よりも売り上げがよかったので、前々から欲しかった古藤さんのナイフをゲットしました♪

 

 

 

帰りも渋滞することなく、スイスイ帰れましたが、お目当てのお土産買うためにSAを4軒ハシゴしたりしてたので、帰り着いたのは22時半でした(^^;)

 

 

 

 

 

今年も関係者の方々をはじめ、参加メーカーのみなさん、お世話になりました〜♪

そしてわざわざ足を運んでくれたお客様、友達の皆様、ありがとうございました!!

 

 

とりあえずこれでしばらく参加するナイフショーはないし、オーダーも一息つきましたので前から話していた通り、西田刃物工房を大きく変えるための準備に入ります。

 

ナイフショーに出展した作品は順次HPのほうにアップいたしますのでまたブログ更新いたします。

よろしくお願いします!

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック