刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

5月4・5日に島根で開催されます「安来ナイフショー」に今年も出展いたします。

あと3日ですが、作品の準備は終わりましたので、軽く紹介しておきます。

 

 

 

純ニッケルダマスカスの小型ナイフ2本です。

シースもイタリアの高級ヌメ革を使用した贅沢な逸品です。

 

今回、高級ナイフはこの2本のみとなります。

 

 

切り出し小刀も5本ほど製作していましたので持っていこうと思います。

 

 

ちょっと変わったナイフも作りました。

ハンドル部分はステンレスの丸棒を2本溶接し、ねじっています。

溶接部分は強度確保のため、ブレードにくぼみをつけてその中にステンの棒を差し込み、その上から溶接してあります。

 

 

こちらは、天然石をはめこんだ一風変わった小型ナイフです。

 

 

ケースも、レザーシースと鞘の2パターン作ってみました。

全てが手作りです。

 

 

こちらは桐箱にお入れしてお渡しいたします。

価格もリーズナブルなので、是非実物を見に来てください(^^)

 

 

新作はこのくらいで、あとは店にあるものを少し持っていく予定です。

 

 

 

ナイフショーでは他にも多数のメーカーさんが出展されますし、屋外では刃物祭りで包丁や色々な刃物や出店が並ぶと思うので是非お立ち寄りください♪

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック