刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


続きは明日投稿しますと言っといて、すっかり忘れていました(^^;)

 

FBを見ていただいている方は同じようなことを書いていますのであまり新鮮味はないと思いますが・・・

 

という事で、先日ブログに載せた通り、1日目はいきなりやらかし、でもディナーは最高だったわけですが、ここからが本番。

 

 

オールニッポンナイフショー1日目の始まりです。

 

 

 

今回も沢山のメーカーさんがこられていて、素晴らしい刃物がたくさん並んでしました。

 

自分のブースはというと・・・

 

 

 

 

去年、初参加で気合い入れすぎでやたらと作品を持って行って大変な思いをしたので、今年は少なめに。

 

いい感じに収まりました。

 

 

2回目ともなると色々知り合いの方たちも来てくれましたし、仲良しのメーカーさんたちも増えたので退屈することもなく楽しく過ごせました(^^)

感謝感謝です。

 

 

 

そして、1日目終了後、去年から特に仲良くさせていただいている先輩メーカーさんたちとお客様と食事へ。

 

 

去年もお誘いいただいたのですが、初めてだったので緊張してあまり酔えず、話せませんでしたが今回は大盛り上がり(笑)

とても楽しいひと時でした。

 

まぁ、本当は飲みに行った先輩たちと同じホテルをとって、そのまま一緒に帰る予定でしたが、やらかしたので僕だけ現地解散でしたが(^^;)

 

 

 

そして、ナイフショー2日目。

 

 

もう、なんなんでしょうね。2回目となると写真すら撮るの忘れちゃうんですね。

ってことで写真はないです(笑)

 

 

今回のナイフショー、うちでの1番人気は白紙1号の本焼き小型ペーパーナイフでした。

 

 

来年はまた違った作品を持っていこうと思ってます。

 

 

 

 

関係者の方々、先輩メーカーの方々、来ていただいたお客様、本当に今年もありがとうございました!

来年も参加予定ですのでよろしくお願いいたします。

 

 

で、残った作品ですが、近日中に全部HPにて販売いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

さ、次はGWの安来ナイフショー。

何を作って持っていこうかな♪

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック