刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


神戸で行われました、オールニッポンナイフショーより昨夜戻りました。

 

ナイフショーは2・3日でしたが、前日から神戸入りしていましたのでトータル3日間滞在。

 

1日目、乗り換えが面倒だったので朝9時から直通新幹線に乗って神戸へ(直通便は朝6時過ぎと9時過ぎの2本しかないので)

 

 

 

新神戸駅からタクシーでチェックインはまだ時間が早かったのでできないけど荷物だけ預けに予約していたホテルへ。

 

ここまでは順調でした・・・

 

俺「すみません。予約していた西田ですけど、荷物だけ預かっててもらってもいいですか?」

受付「はい。少々お待ちください」

 

・・・・・

 

・・・・・

 

受付「失礼ですが下のお名前は?」

俺「大祐です。」

 

・・・・・

 

受付「西田様。大変申し訳ないのですが、西田様がご予約されましたホテルは当ホテルの姉妹店となっており、ここから電車で3駅ほど行ったところになります。」

 

・・・・・

 

や・・・やらかしたーーーー!!!!

 

 

 

と、こんなやり取りがありまして、いきなり思いっきりやらかしてしまいました。

しょうがないので、電車に乗って3駅先のホテルへ。

まぁ、都会の3駅なのですぐだったのでよかったですが(^^;)

 

ホテルはというと、部屋自体は狭いですが、とても綺麗で1人なら十分。

 

 

 

 

トイレと風呂も別で、湯船も広かったです。

久々にホテルの風呂でお湯をためて浸かりました(笑)

 

 

 

ベッドも綺麗で広いし、壁掛けテレビのおかげでベッドでゆったりテレビ鑑賞できます。

 

ホテルには何一つ不満なしの当たりでした♪

 

 

 

そして1日目の夜に、お世話になっている神戸の方に食事に連れて行っていただきました。

 

 

 

去年も連れて行っていただいた高級神戸和牛店。

前菜から最高にうまい!

量があるならもうこれだけで十分!(笑)
神戸牛は焼く前に持ってきて説明してくれます。
サーロイン最高でした♪
魚もスープもデザートまで、すべてがうまい!!
本当にこんないいお店で毎年食べさせていただいて感謝しかありません。
長くなったので今日は1日目だけで終了します(^^;

ナイフショーの様子はまた明日にでも投稿します!(そんなに写真撮ってませんが・・・)

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック