刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


先日開催されました博多ナイフショーに出展した新作ナイフの残り4本全てをアップいたしました。

 

 

実用ナイフ(パラコード巻きのナイフや片刃の小型渓流刀は、昔からお取引のある「e刃物.com」さんで販売しておりますので、購入希望の方はe刃物.comさんのHPの方よりご購入ください。

 

※写真をクリックすれば大きな画像でご覧になれます。

 

本数が多いので簡単な説明のみとさせていただきます。詳しくは販売ページより御覧ください。

 

 

 

 

 

 

本鍛錬青白コアレスダマスカスです。

ブレードは青髪2号と白紙1号を折り返し鍛錬したダマスカスで、鋼同士のダマスカスなので芯材は入れてありません。

シースはこれだけレザークラフトをされている方にお願いして製作していただきました。

両面にカービングが施されており、これだけでもかなりの価値のある素晴らしいシースとなっています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも本鍛錬青白コアレスダマスカスになります。

上記のものよりも総数が少なく、1つ1つの模様が大きく珍しいダマスカスナイフです。

ハンドルはオリーブのみでシンプルですが、これまでにないほどピカピカに磨き上げています。

手に取った方にしかわからないこの触り心地を是非ご体感ください。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは今回唯一シンプルな(ダマスカスや多層鋼ではなく)白紙1号本割込みのナイフです。

ハンドルの形状がこれまでと少し違って、握り心地がさらに良くなっています。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

最後は最近あまり製作することがなかった青髪スーパー本割込のナイフです。

ハンドルもシンプルな形状で、全体的に使いまわしが良いナイフとなっています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック