刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


これからのアウトドアシーズンに最適な実用ナイフ、3本完成しました!

 

 

渓流釣りにはもってこいのナイフです。

3種類とも用途が違うので、用途にあったナイフをご選択いただけます。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約180mmの大きめのナイフです。

山で枝打ちやヤブ払いにガンガン使用していただけます。

ハンドルはパラコード巻きですので、汚れてきたらほどいて新しいパラコードを巻き直すこともできます。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約85mmの小ぶりなナイフになります。

ロープを切ったり、木を削るなど、黒打ちですので、気兼ねなく使用できます。

ハンドルはスエードを巻いてありますので、滑りにくく、握り心地も良いです。

スエード紐自体はブレード根本部分のみ軽く接着してあるだけですので、こちらもパラコードと同じように巻き直しが可能となっております。

シースの革の背中部分に細かい革割れがありますが、気になるほどではありません。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

最後は刃渡り約75mmの細身な片刃のナイフになります。(右利き用)

ブレードは細身で、小魚解体や、ちょっとした時にさっと取り出せて大変便利です。

ハンドルは組紐巻きで、こちらも1番上のみ軽く接着してあるだけですので、ほどいて巻き直し可能です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック