刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


GWに行われました安来ナイフショーで出展いたしましたナイフ、先日高級志向のナイフを出品しましたので、残りのナイフも全て出品致しました。

 

あと、少し前に完成していた左利き用の片刃のナイフもまだアップしていませんでしたので、一緒に載せておきます。

 

 

 

今回アップした分で手元にあるナイフは全てとなります。

次回のナイフショーが9月の博多ですので、博多ナイフショーには全て新作で挑みたいと思っています。

今回も数が多いので簡単な説明だけ書いておきますので、詳細は販売ページにてご確認ください。

 

あと、包丁が少し残っているので包丁の方はまた後日アップ致します。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

白紙1号本割込み、ブレード長約185mmのナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドとボコテの組み合わせです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

白紙1号本割込み、ブレード長約155mmのナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドと花梨の瘤の組み合わせです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号沸かし付け本鍛造、ブレード長約105mmの片刃(右利き用)ナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドとオリーブウッドの組み合わせです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号沸かし付け本鍛造、ブレード長約105mmの片刃(右利き用)のナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドとボコテの組み合わせです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号沸かし付け本鍛造、ブレード長約105mmの片刃(右利き用)の多層鋼ナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号挟み込み本鍛造、ブレード長約107mmの片刃(左利き用)のナイフです。

ハンドルはシンプルに黒檀のみを使用。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

以上で全てとなります。

これからしばらくは実用向きのナイフを製作していこうと思いますのでよろしくお願いします!

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック