刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最近はナイフショーなどもあったため、高級志向のナイフが多かったのですが、高級なものになるとお値段も高くなりますし、なかなか実用できないどちらかというと観賞用のナイフになってしまう事が多くなっていました。

 

本鍛造のナイフなので、切れ味も大きな特徴なのに実用されなければよさも半減してしまうと思い、今回は仕上げレベルを少し落とした実用型のナイフを製作いたしました。

 

 

仕上げのレベルを落としたとしてもパット見はさほど変わりませんし、実用に関係してくる部分は変わらずにしっかりと製作しております。

 

これからは高級志向のナイフだけでなく、こういう実戦向きのナイフも造っていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

1本目はブレード長約120mmの青紙スーパー本割込みナイフです。

 

ブレードはご好評いただいております青紙スーパー鋼を本割込みで鍛造したブレードで切れ味・刃持ちは抜群です。

 

ハンドルはシンプルに紫檀のみを使用。

蜜蝋ワックス仕上げで控えめな艶で品のある仕上がりとなっています。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約128mmの白紙1号本割込みのナイフです。

 

うちでメインとして使用している白紙1号を本割込み鍛造したブレードで、切れ味・刃持ちは抜群で研ぎやすいです。

 

ハンドルはブビンガのみを使用。

蜜蝋ワックス仕上げで控えめな艶で品のある仕上がりとなっています。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック