刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


去年の1月に熊本の伝統工芸館で展示会をした時に製作して、数本手元に残していたナイフ3本をHPにて販売中です。

 

製作から1年以上経っていますのでお安く販売致します。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目はブレード長約280mmの大型の剣鉈です。

最近はここまで大きいサイズのものはほとんど製作していません。

仕上げなおしてありますので、ナイフ本体はほぼ新品同様ですが、鞘のほうが多少変色・傷等ございます。(緩みはないのできっちり収まります)

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約210mmの狩猟刀になります。

 

ブレードは幅広で迫力のある多層鋼ブレードです。

ハンドルのコーティングが部分的に傷んでいたのでコーティングし直したのですが、若干ムラが出てしまいました。(写真でも分からない程度ですが)

その点を除けば新品同様です。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3本目はブレード長155mmのダマスカスナイフです。

 

これは販売しようか、まだ残しておこうか悩んだのですが、とりあえずHPにあげておきます。

 

ブレードは青紙2号・白紙1号・SK材・地金+αの手打ちダマスカスです。

上記の中のどれかはわかりませんが、仕上げの段階で恐らく変色だと思うのですが、いい感じに色がついて綺麗だったのでそのまま仕上げました。

もう1度やれといわれてももうできないかもしれません。

峰側に若干のサビあり。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック