刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


熊本の伝統工芸「肥後象嵌」。

肥後象嵌士 稲田憲太郎さんとのコラボ作品、肥後象嵌切出し小刀3本を販売開始しました。

 

 

龍の象嵌の小刀だけは、個人的に持っておきたい気持ちが捨てきれないので(笑)3月末までの期間限定として販売致します。

 

販売ページの方には動画も載せていますので気になる方は是非ご覧ください。

写真が多いので説明は簡単にしますので、詳細は販売ページにてご確認ください。

 

 

 

 

 

 

【雲龍図切出し小刀】

 

今回製作した3本の中で桁違いの存在感を出している最高級の小刀です。

純金・純銀・青金(純金と純銀を混ぜ合わせた合金)・プラチナを贅沢に使用した逸品です。

こちらの小刀だけは3月末までの限定販売です。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

【桜紅葉流水紋様切出し小刀】

 

女性向けデザインで、品がある図案です。

裏にも桜と紅葉が象嵌してあります。

いつの間にか若干の反りが出ていましたので気持ちお安く販売致します。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

【唐草紋切出し小刀】

 

シンプルな唐草模様の象嵌で、1番実用的な仕上がりになっています。

紐を巻いて使いやすさと、和の雰囲気をさらに引き立ててみました。

サイズ的には1番大きいです。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック