刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


これまでダマスカスナイフは結構製作してきましたが、今回初となるニッケルダマスカスナイフの出品です。

 

 

今までのダマスカスとの違いは、今までは大きく分けると軟鉄と鋼のダマスカスでしたが、今回はこれに+純ニッケルを混ぜて鍛造してあります。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

ブレードは軟鉄・青紙2号・白紙1号・純ニッケルの4種類の金属を合わせ、折り返し鍛錬を繰り返し、最後に芯材となる青紙2号を挟み込み本鍛造してあります。

 

これまで製作してきたダマスカスよりさらに難易度は上がっていますが、純ニッケルを入れることで、これまでのダマスカスブレードよりも輝きが増し、大変綺麗です。

 

 

片側だけ軽く磨いたら若干模様が薄くはなりましたが、はっきりと綺麗に浮き出ています。

 

 

ハンドルはボックスエルダーバールのスタビライズドウッドで、大変艶があり綺麗です。

ピン留めの上からアバロンを両面にインレイしてあります。

 

 

 

僅かですが、鍛接痕が残っていますが、実用には問題ございません。

僅かな鍛接痕、片側の模様が少し薄くなったという事で少しお安く致します。

 

 

今回ナイフショーのためにニッケルダマスカスナイフは2本造りましたが、1本は今後のショーのためにストックしておきますので、今回はこの1本だけの販売となります。

 

 

 

 

動画もありますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック