刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


新作の多層鋼ナイフが2本完成しましたのでご紹介します。

 

今回のナイフはいつもと違って、シンプルだけど手の込んだ、和が強めの渋いナイフです。

 

 

写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約145mmの多層鋼ナイフです。

 

ブレードはシンプル&シャープの鋭いデザインで、狩猟からアウトドアまで様々な用途に使用できます。

多層鋼の模様も綺麗に浮き出ています。

 

ハンドルはスタビライズウッド(樹脂を含浸させてある木材)の中でも人気の高いボックスエルダーバールを使用。

今回真ん中に鎬のラインをいれて、和風に仕上げました。

六角に研磨した後に上下の角を落として丸くしてありますので握った時も痛くありません。

ヒルトもガードなしのタイプで、シンプルに仕上げています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約150mmの多層鋼ナイフです。

 

ブレードは幅広タイプでワイルドなデザインとなっています。

こちらも多層鋼の模様が綺麗に浮き出ています。

 

ハンドルはボコテを使用。

杢目が大変綺麗で、蜜蝋ワックスの控えめな艶が和の雰囲気を引き立てています。

今回は久々にヒルトを銅で製作しましたので、さらに和テイストのナイフに仕上がっています。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック