刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


新作の高級ペティナイフが2本完成しましたのでご紹介致します。

 

プレゼントにも喜ばれそうなおしゃれな果物ナイフです(^^)

 

とても軽く、ちょっとした時に大変便利な包丁です。

 

 

※写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約110mmのペティナイフです。

 

刃は今回青紙2号を本割込みで鍛造しております。

もちろん切れ味・刃持ちは抜群です。

 

ハンドルはご好評いただいておりますスタビライズドウッドで、樹脂を染み込ませてありますので防水性に優れています。

元の木材の硬い部分と柔い部分で染まり方が違い、大変綺麗です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

2本目も刃渡り約110mmのペティナイフです。

 

ブレードはこちらも青紙2号本割込み鍛造です。

 

ハンドルはレジン(樹脂)です。

青のマーブル模様が大変綺麗で、とても艶があります。

樹脂のみのハンドルなので、防水性は抜群です。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック