刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


新作の小型ダマスカスナイフと青紙スーパー本割込みナイフが完成いたしましたのでご紹介したいと思います。

 

今回は2本とも実用には全く問題部分ですが、訳あり商品としてお安く販売致します。

人気商品がお安くご購入いただけるチャンスですので、お見逃しなく!(笑)

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

 

1本目はブレード長約85mmの小型ダマスカスナイフです。

 

ブレードは計5種類の金属を合わせ、折り返し鍛造しております。

多層鋼とは違うさらに複雑で綺麗な模様がはっきりと浮き出ています。

芯材は白紙1号を挟み込み本鍛造で入れていますので、切れ味・刃持ちは抜群です。

小ぶりなナイフで1本あると何かと便利なナイフです。

 

ハンドルは大人気のスタビライズドウッドにクラウンスタッグを組み合わせました。

色合いもよく大変いい材料なのですが、ハンドルを取り付けた後にクラウン(根元部分)の裏に問題があるとこに気が付きました・・・

本来綺麗な白になるクラウン裏部分に何故か金属が打ち込んであり、削り取れず残っている部分と、取れたけど金属の食い込んだ部分が深く残ってしまっている部分があります。(写真4枚目参照)

実用には全く問題はないですし、底の部分なので目立ちませんが、見た目が悪いのでお安く販売致します。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

2本目はブレード長135mmの青紙スーパー本割込みナイフです。

 

ブレードはご好評いただいております青紙スーパー鋼本割込みですので、切れ味・刃持ちは抜群です。

扱いやすい形状で、アウトドアから狩猟まで幅広くお使いいただけます。

 

ハンドルは青色ですが、オリーブウッドのみを使用しています。

オリーブウッド自体がちょっと色が地味だったので、今回試しに樹脂で着色してみたのですが、思った以上に全然染み込まず、表面に色が付いただけになってしまいました。

よって写真ではわかりにくいですが、細かい染まっていない部分もちょっとあります。

濡れた手で触ったりしても、色落ちすることはありませんが、何か中途半端な感じになってしまいましたので訳ありとしてお安く販売致します。(実用には全く問題ありません)

全体的には杢目の色ムラと艶が大変綺麗です。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック