刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


新作手打ちダマスカスナイフが完成しましたのでご紹介します。

 

 

今回も今まで以上に手間ひまかけた最高の1本です。

 

 

ブレードは4種類の金属を何度も折り返し鍛造し、最後にちょっとした細工をして計5種類の金属を合わせたダマスカスになっています。

芯材は白紙1号をなるべく多く模様がでるように挟み込みで入れました。

 

 

ハンドルは最高級木材デザートアイアンウッドの極上瘤部分をを贅沢に使用。

いい瘤部分にはどうしてもスなどが多く入っているものが多いですが、このアイアンウッドにはあまり入っておらず、入っていた部分は綺麗に埋めた上に、樹脂をかなり染み込ませてありますので、耐水性・強度は抜群です。

 

握り心地にこだわって、すべての面に滑らかなおうとつを付け、丁寧に手磨きしてあります。

大変綺麗な杢目と艶で、最高の握り心地です。

 

 

 

シースは今回、熊本のレザークラフトショップ「RAZ LEATHER」さんに製作を依頼しました。

イタリア製の革を使い、シンプルながらスマートで、シースにおさめた状態でも目を引く仕上がりとなっています。

以下、RAZ LEATHERさんの説明となります。

 

------------------------------------------------------------

イタリア製ベジタブルタンニンなめしの皮革を使い、製作いたしました。

革の素材の良さをいかし、一針一針ハンドソーイングで縫い上げ、コバ(裁断面)の磨き上げなど細部にこだわった作りとなっております。

------------------------------------------------------------

イタリア製の革の証明書タグも付いています。

 

 

ブレード長は約143mmで色々な場面で役に立つナイフです。

 

動画も撮りましたのでよかったらご覧ください(^^)

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック