刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


新作ナイフが4本完成しましたのでご紹介致します。

と、その前にFBではお知らせしましたが、ナイフカテゴリーの変更についてのお知らせを先に書いておきますので、軽く目を通していただけると幸いです。

※ナイフカテゴリーの変更のお知らせ※

HPのナイフカテゴリーのサイズ別小カテゴリー4つを1つにまとめました。
理由はナイフはそんなに本数できませんし、できても売れてしまった場合ずっと売り切れ表示のものばかりを表示しておくのもどうかというのもあり、サイズ別にカテゴリー分けしても意味がないと思ったからです。

ですので、これからは「アウトドア・狩猟用ナイフ」カテゴリーをクリックした先に全てのサイズのナイフが表示されます。

あと売り切れた商品は売れた時点で削除されるように設定しました。当店のナイフは全てが1点物なので、売り切れた商品をずっと掲載していてもしょうがないので(^^;)

よろしくお願いいたします。

以上です。
それでは新作ナイフ4本のご紹介にうつらせていただきます。

本数が多いので、写真で主に紹介して、詳しい説明は省きます。(詳細はHPにてご確認ください)

1本目はブレード長約155mmの白紙1号本割込みナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドと、シャム柿の組み合わせです。

アウトドアなど1本あると大変便利です。

販売ページはこちらです。

2本目もブレード長約155mmの白紙本割り込みナイフです。

ハンドルはオリーブウッドのみ使用。

様々な場面で1本あると役に立ちます。

販売ページはこちらです。

3本目はブレード長約135mmの青紙スーパー本割込みのナイフです。

今回より青紙スーパーの使用した包丁・ナイフには全て「青S」と刻印することにしました。

ハンドルはスタビライズドウッドとブビンガの組み合わせです。

販売ページはこちらです。

最後4本目がブレード長約115mmの青紙スーパー本割り込みナイフです。

ハンドルはレースウッドを使用。

小ぶりで、日常的にあると便利なサイズです。

販売ページはこちらです。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック