刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


包丁のほうがだいぶ落ち着いてきましたが、新作ナイフはもう少し時間がかかりそうですので、1月の展示会用に造って残った数本とっておいた分のナイフを1本販売します。

 

さすがにHPで販売中のナイフがずっと0のままというわけにもいかないので・・・(^^;)

 

展示会用で製作したものなので、かなり手間をかけて製作したナイフですので、ご満足いただけると思います。

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

140mmの片刃の多層鋼ナイフです。

 

ブレードは白紙1号沸かし付け本鍛造のあまり見ることもない希少な片刃で、切れ味は両刃以上です。

多層鋼の模様が綺麗に浮き出ています。

 

ハンドルは人気の高いスタビライズドウッドで、大変綺麗な杢目、色、艶です。

スタビライズドウッドは天然の木材に着色した樹脂を芯まで含浸させた木材で、木材の弱点、湿気・乾燥による劣化を防ぎます。

さらに特殊加工を施してありますので、強度は抜群です。

 

滑らかなおうとつのある形状で、非常に握り心地がいいです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック