刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


入荷未定だった青紙スーパー鋼がやっと手に入りました!



ただ、今回は急だったので他にも色々購入するものがあり、青紙スーパーはとりあえず少数…(^_^;)

ただ、今回はうちの在庫が切れても材料屋さんにいけば結構な量とってありますのでご安心ください(^^)

今、とりあえず鍛造がんばっているので、ある程度在庫が確保できるまでもうしばらくお待ちください。


あと、しばらくはこれまでの価格で販売する予定ですが、青紙スーパーの包丁はそのうち値上げする事になると思います。
今でさえ、鋼の価格が白紙の倍以上しますし、このサイズの鋼は今回までで終了ということです。
このサイズは包丁作りに使いやすいのですが、このサイズがなくなるとなると大きいサイズを叩いて伸ばして小さくするしかありません。
青紙スーパーはただでさえ高硬度で、熱してもなかなか伸びません。
サイズ的に1番小さくても今の倍はあるので、その分作業に時間がかかり、数作れないので、価格を上げざるを得ないというわけです…

とりあえずまだしばらくは大丈夫そうなのですが、一応告知だけしておきます。


あと、うちで1番使う白紙1号も日立金属が3分角を生産終了したようなので、もう今ある分がなくなれば4分角を使うしかなくなります。
青紙スーパーより柔らかいとはいえ、鋼は鋼。1分大きくなるだけでかなり手間が変わります。

なので、普通の白紙の薄刃系の包丁は来月あたりには少し値上げする事になると思います。


中身は変わらないのに値上げというのは生産者としても心苦しいですが、ご理解いただけると幸いです。


今は昔のように鋼を割り込んで鍛造する鍛冶屋さんが減ってしまったので需要が減った材料は最終的に生産終了になってしまいます。
この調子だと伝統そのものがなくなります。
特に鍛冶屋の世界では日立金属が作らないとなったらもうどうしようもありません。

これも後継者が減ったということも大きな原因ですが、見た目同じ和包丁が楽に作れる複合材という便利な材料が出回り、楽な方に逃げた鍛冶屋が増えたのも原因の1つですね。


『質より量』情けないです。


僕は完全に鋼が生産終了になるまでは割り込み本鍛造を貫きます。
生産終了になったら何の楽しさも感じられないので鍛冶屋やめるでしょうね。

という事で、話はそれちゃいましたが、近々青紙スーパーを使用した刃物の販売を再開しますので、それまでもうしばらくお待ちください!(^^)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック