刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


久々の本格的ダマスカス完成しました!
とても良い出来栄えですので是非ご覧ください(^^)









ブレードは【大祐作】のこれまでのナイフの中では最高となる288層ダマスカスです。
SK材と極軟鋼を何度も折り返し鍛錬して、最後に白紙1号を本割り込みしています。

仕上げは薬品処理後に、さらに何度も試行錯誤してこの状態まで持ってきました。
ミラーの美しさを保ちつつ、ダマスカスの模様もハッキリと浮きだたせてあります。

110mmと小ぶりではありますが、日常的にもあると大変便利なサイズですし、コレクションにも大きすぎず
ちょうどいいサイズだと思います。

ハンドルは最高級木材デザートアイアンウッドを贅沢に使用しています。
派手すぎず、しかし大変綺麗な杢目、高級感のある色、動画を見ていただけるとわかると思いますが、日の光に当てると
また違う杢目が見えます。

シースは、一応鍛冶屋なのでなかなかレベルアップしないのですが(笑)それでもいつもよりは手間暇かけてナイフに負けないように仕上げてみました(^^;)

動画も載せておきますので是非ご覧ください!


 



販売ページはこちらです。  

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック