刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


世間は増税増税と騒いでいますが、うちの商品は全て消費税込みの価格(というか消費税なし)で、まずは西田刃物工房の商品を出来る限りお安く、多くの方に使っていただきたいという考えで今までやってきましたが、今度ばっかりは値上げせずを得なくなりました。


正直言えば、随分前から材料代や燃料代は少しづつ値上げされています。

今年に入ってさらに値上げされ、4月からの増税でさらに値上げされることが予想されます。

さすがにここまでくるとうちも今の価格のままでは正直厳しいです。
うちは消費税なんて取らなくてもいいのですが、他の全ての物が値上げされるので少しずつとはいえ全部合わせると結構な出費になるので、上げざるをえない状況です。

ですので、誠に不本意ではございますが、一部の商品を4月より値上げさせていただきます。


商品としては主に定番品の包丁類・切出し小刀など、ナイフを除いた商品が対象になります。

包丁は、薄刃系で500円前後値上げしようと思います。(出刃・刺し身系はまだ未定)


ナイフ類は、元々がほとんど1点物で、使った材料・仕上げ・完成度・サイズなどで、同じようなものでも価格が違ったり、あってないようなものですので、今までどおり販売していきます。


あと、研ぎ・修理ですが、こちらは材料などとは関係ないのですが、元々があまりに安すぎたので、若干値上げしようと思います。
研ぎ・修理も若干値上げすることで、商品の値上げを極力抑えられるという考えもあります。


誠にもうしわけございませんが、ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック