刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


石炭の問題がやっと解決したかと思ったら、今度は砥石に問題が…(???;)

どうも、Vベルトが伸びてきて、緩くなったらしく、少し力を入れて研ぐと砥石が止まってしまうようになりました。

『Vベルト交換すればいいじゃん!』と思うでしょうが、これがそう簡単にはいかないんですよね…

今は接続型のVベルトがあるようですが、かなり高額。

普通のVベルトを交換するには砥石とベアリングを外さなければいけなくて、それだけでも重労働なのに、追い打ちをかけるかのごとくネジ類が外れない!



水回りなので、なるべく濡れないようにしてたのですが、やはり完全には無理でサビ、研いだ砥石の粉が固まって、ビクともしない。

結局、外れない部分はガスで焼き切り、何とか片方のベアリングのネジは外しました。



砥石の部分は金槌でガンガン叩きまくってどうにか緩みましたが、もう腕が一回り太くなってパンパン。

明日の朝からまた作業を再開しようと思うのですが、思った通り作業が進むかどうか…

その間はまた仕事はストップです。

またまたお客様にはご迷惑おかけしますが、何卒ご理解いただけますと幸いです。




…で、砥石直ったら今度はハンマーとかに問題出てきそう…


2013/10/24 (木) 23:07 | 雑談
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック