刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


  新作ナイフが3本完成いたしましたので、ご紹介いたします。

この記事には載せていませんが、他にも特殊包丁を数本製作しましたので、是非ご覧ください。

写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。





まず最初に180mmの狩猟刀からご紹介いたします。

ブレードは白紙1号を本割り込みしてありますので、切れ味・刃持ちは抜群です。

ハンドルは今回はシンプルに檳榔子のみを使用してみました。ちょっと変わった木目が大変綺麗です。さらにコーティングを何度も重ねていますので、艶があり、耐水性・衝撃に強いです。


売り切れました!!






次に140mmの小型ナイフのご紹介です。

こちらもブレードは白紙1号を本割り込みしてありますので、切れ味・刃持ちは抜群です。

ハンドルはシンプルに縞黒檀のみを使用。
縞黒檀の縞模様が大変綺麗で、さらに銃床油仕上げで品のある控えめな艶が高級感を引き出しています。

このくらいのサイズが1本あると何かと便利です。


売り切れました!!







最後に135mmの小型ナイフです。

こちらもブレードは白紙1号を本割り込みしてありますので、切れ味・刃持ちは抜群です。

ハンドルはシンプルにココボロのみを使用。
濃淡のある綺麗な木目が目立ちます。さらにコーティングを何度も重ねていますので、艶があり、耐水性・衝撃に優れています。

このくらいのサイズが1本あると何かと便利です。


売り切れました!!


以上新作3本のご紹介でした。
最後に3本すべての写真を載せておきます。



同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック