刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 ここんとこ「俺、無趣味だよな〜。なんか始めないと。」と思ってて、「釣り」は結構前から頭の片隅にあったんだけど、遊びでちょっと近場で釣り、くらいまでしかやってなくて。

そのことを、仲良くさせていただいている、同じPTA役員の方にボソっと言ったら「連れて行ってやる!」ってすぐに日にちまで決めてくれて、明日行くことになったんです。

それもいきなり高レベルの「磯釣り」。学生時代は親の影響もあり、かなり釣りにハマっていた時期もありましたが、学生なんで近場だし、釣りというより友達と集まってただ楽しむ遊びみたいな感じだったし・・・なんで、本格的な釣りは今回が初めてじゃないかな。


夜の10時から出発して、早朝(夜中?)3時の船に乗り、5時くらいから釣るんだって。そして夕方5時まで。こりゃ初心者にはかなりハードだよな〜。
それも、聞けば磯釣りはのんびり楽しむ釣りじゃなく、頭は使う、体も使う、とても大変な釣りらしい。のんびりできるのは釣れない時だけだって。まぁその釣れない時が大半らしいけど。

明日のために釣り針にハリスも結べるようになったし、磯靴も買ったし、とりあえずビギナーズラックを信じてがんばるぞー!!

磯靴以外はすべて親父からレンタル。親父は昔は相当の釣りバカだったんで、道具はいっぱいあるから超助かる。

釣りの実況は「Twitter」にて。(余裕があったらね)


2010/06/03 (木) 22:28 | 雑談
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック