刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【家庭用の薄刃包丁(角型菜切・三徳を含む)で1番使いやすい包丁の刃渡りを教えてください!】


ナイフは、自分の考えで好きなように造るのが多いのですが、包丁はお客様のニーズにお応えすることが重要だと思います。僕は造る側なので、使う側のご意見は大変貴重です。
さらによい商品の製作のために、是非一人でも多くの方のご協力、お願いいたします。

和包丁は昔からデザイン等、ほとんど変化がなく、見た目はどれも同じように見えます。ですので、サイズだけでなく、「ここがこうだったらもっと使いやすいのに」「柄のデザインがこうだったら・・・」など、他のご要望も随時募集しております。

ご意見は、ブログのコメント欄、Twitterでの返信、TwitterでのDM、メール(info@dai-knives.com)何でも結構です。(^^)

よろしくお願いします!!


■本物の和の刃物 西田刃物工房【大祐作】■


住所】〒861-0803 熊本県玉名郡南関町関町362-2

【TEL/FAX】0968-53-0202(9:00〜20:30受付)


【e-Mail】
info@dai-knives.com

【販売ページ】
http://dai-knives.shop-pro.jp/

【営業時間】9:00〜17:00(冬期)9:00〜18:00(夏期)


【定休日】不定休(ご来店前にお電話いただけると安心です。)


お問い合わせ・ご注文は
販売ページ・お電話・FAX・メールにて
承ります。


TEL/FAX:0968−53−0202
MAIL:info@dai-knives.com



          
この記事をTwitterにRTする!ツイッターに投稿する   


daiknivesをフォローしましょう
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

私はほぼ毎日包丁をつかっています。

主に菜切り・薄刃包丁を使いますので、素人の個人的意見ですが、長さ170〜180cm、身幅4.5cm位が使いやすいです。

それと120〜130mmほどの船行型の薄刃包丁がぺティナイフとしてとても重宝しております。

柄の部分は細いと手の内でずれやすいので、小さな包丁でも普通サイズのもの、または断面形が八角・三角おむすび形のものが使いやすいと感じております。

2010/06/03 21:04 | amaniyu

ご意見ありがとうございます!というかお久しぶりですね。(^^)

大きいのと、少し小ぶりのと2本あると1番便利みたいですね。

柄は男性と女性ではやはり握りやすさが違いますよね。女性になら細身の柄でもいいんでしょうけど、男性だと確かに手の内でずれるかも。

八角柄、六角柄はちょっと高価な柄になるので、栗型がいいのかな〜・・・刺身のはあるんですけど。薄刃の柄は大体楕円ですもんね。

柄をカスタムするときは、六角か八角で作ります!

貴重なご意見ありがとうございました!!

2010/06/03 22:03 | dai

私(男の料理用)が家庭で使っている
ペチは120mm
三徳は180mm
牛刀は210mm
筋引きは240mm
柳は300mmです。
全て切れ味が良い炭素鋼です。

妻は主に180mmのステンレスを愛用してます。

外国のBBSを見ますと、日本の包丁が結構ブームになってます。ヨーロッパでは主に210mmから240mmの牛刀、USAでは240mmから270mmの牛刀が人気みたいです。

向こうの野菜はたとえばキャベツでもでかいですからね!


2010/06/07 13:35 | なかなか

男性・女性だけでなく、国によっても使いやすいサイズが変わるってことですね。

あ、ご注文の本焼き240mm牛刀は今日の夕方に完成いたしましたので明日発送いたします。

で、これを最後に、しばらく本焼きの包丁のほうは、お休みします。割り込みの包丁のレベルをもっとあげてからじゃないと、今の状態では本焼きの包丁1本仕上げるのにあまりに時間がかかりすぎるので。


2010/06/07 21:20 | dai

台所の大きさでも変わりますね。持っているのは 約 22cm と 約 14cm の 2本なのですが、引っ越して台所が狭くなり、 22cm のほうは引っ掛けることが増えてあまり使わなくなりました。

今の台所は測ったら料理に使える奥行きが約 40 cm、幅は約 45cm 。引越し前は体感ですが 1.3倍くらいあったかと。

キャベツとか大き目のものを切るには長いほうが楽なんですけどねぇ。

形だと、やはりよくある三徳包丁の形状が使い勝手がいいですね。シースナイフで料理することもありますが、キリオンが邪魔になることもしばしば。刃先を支点にしてみじん切り、なんかがすごくやりづらいです。

2010/07/27 01:02 | 日間 陣

日間 陣 さん。

コメントありがとうございます!
そうですね〜。考えもしなかったことですけど、確かに台所の広さによっても、変わるかもしれませんね。

シースナイフで料理するのは難しいでしょう。(^^;
ナイフで料理するのは、アウトドアとかでの豪快な料理くらいじゃないですか?

やはり、調理には包丁が1番ですね。(^^

2010/07/28 00:18 | dai

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック