刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

青紙スーパー本割り込みの180mm多層鋼ナイフです。
青紙スーパー本割り込みの多層鋼ナイフはリスクが高くてあんまり造らないんで希少です。
鍛接痕も全然残らずばっちり仕上がりました。



多層鋼の模様も複雑にくっきり浮き出ています。



ハンドルはアイボリーマイカルタと極上のゴールドフィールドバールとクラウンスタッグの組み合わせ。
なんか上品な感じに仕上がっています。

詳しくはこちらより。

さてさて、今夜は友達と飲みに行く約束があるんでこれにて。普段全然飲みになんていかないんでたまにははしゃいできます。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

これはゴージャスですね。
アイボリーがいい味出してます。
そうか、こういう組み合わせもいいですね。

2010/03/13 21:46 |

本当はブラックで行こうかと思ったんですけど、材料切れてたんでアイボリーにしてみた結果、色の相性も良く、いい感じで仕上がったのでよかったです。

色々やってみるもんですね。

2010/03/14 19:11 | dai

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック