刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 度々、テニスネタで申し訳ないんですけど、今回は久々に興奮したんで書かせていただきます。

昨日、またまたテニスの試合があったんです。今回は近場、隣町の大牟田で。
今日は部活のバドの試合と重なってたんですけど、子供が「テニスに行く!」というのでテニスの試合を優先させました。
正直、親としてはバドの試合の方はテニスよりもかなり少ないし、なんといってもバドは初試合でベスト8に入るという快挙を成し遂げたので、バド7:テニス3くらいだったんですけどね。(バドとテニスじゃ参加人数が全然違うからかもしれませんが)
テニスは前回の試合でベスト16に入ったのが最高なんで。
でも、それは長女もわかっているのにテニスを選んだって事はやっぱ相当テニスが好きなんでしょうね。

で、さらに今回の試合ですけど、いつもとはちょっと違うんです。
対戦相手のほとんどが中学生。長女は小4。勝てるわけないじゃんっていう理由もあったんです。

でも、監督は「中学生といっても中学1年生が相手。中学から始めた子がいっぱいいるからそこそこいけると思うよ。」って。でも3つも上なわけですよ。


長女の所属するチームからは3ペア出場。うち1ペア(6年生ペア)は全国大会に出場したペアなんでそのペアだけ中2と対戦で、残り2ペアは中1。中には同じジュニア(小学生)のチームも入って比率でいうなら9:1くらいでほぼ中学生。

中1とのトーナメントはトータル150チームちょい、中2とのトーナメントは120チームちょい。


で、試合の方はというと1回戦中学生。どうなるかと思いきや3−0の圧勝。

あれ?

2回戦も中学生。3-1で勝利。

あれあれ?

あれよあれよとベスト16入り。
で、次の試合は同じジュニア(小学生)同士の戦い。ってことはこの対戦相手もベスト16。
勝利!!
ベスト8!
次勝てばベスト4じゃん!!

ベスト4決定戦も同じジュニア。さっき書いたとおり9:1でほぼ中学生だけど、2試合連続ジュニア。小学生強し!

しかし、3−2フルセットの末、惜しくも敗れてしまいました。

でもすごい!150ペア中8位以内に入るとは・・・
同じチームのもう1ペア(6年生ペア)もベスト8で惜しくも敗退したけど、中1の部のベスト8に2ペアも入るなんて。
ベスト8ベスト8うるさくて申し訳ないですけど、さらに同じチームの全国に行ったペアも中2の部(120ペア)でベスト8に入り、南関チーム全ペアベスト8入り!!

いつもの小学生同士の試合より好成績じゃん。


って感じでいつもはだま〜って試合見てる僕も久々に声張り上げちゃいました。

それにしても、中1の部は見てなかったけど、中2の部の決勝は小学生同士だった。それも同じチーム同士の・・・どこまで強いんだ宇土!!

以上、ただの子自慢でした。



同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

アハハハッ
親ばかだけどdaiさんにつられて、とっても幸せな気分になりました、ありがとう。

2009/11/24 23:02 | amaniyu

いやぁ〜、こんなブログで幸せな気分になっていただけるんならどんどん書いちゃいますよ。(笑)

ブログだけ見てると結構親バカぽいですけど実際はそうでもないんですよ。
特に1番上の子はビシビシ鍛えてたんで。下に行くにつれ段々僕も丸くなったのか甘くなってます。(いかんいかん!)

そのせいか長女は何にしても打たれ強く、病気とかもしませんが、下2人は弱いですね〜・・・ちょっと怒っただけで泣くし。

3人いると、もうちょっとしたことじゃ怒らなくなっちゃうんですよね。

ビシビシいかなければ!!

2009/11/26 22:18 | dai

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック