刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 
「今、主に使用している包丁の材質は何ですか?」

和包丁?

ステンレス?

洋包丁(牛刀)?

その他?(チタン・セラミック等)


一応、ツイッターでアンケートを取ったところ、回答は少なかったですが


1位:和包丁・・・21票    
2位:ステンレス・・・19表  
3位:その他・・・5票     
4位:洋包丁(牛刀)・・・4票

※複数回答あり

ちょっと待ってください!いくら僕が和包丁を作っているからって、1位に無理やり持ってきたわけじゃないですからね!(^^;)

というか、もっと多くのご意見が欲しかった。

ご協力いただいた方々は結構包丁こだわる方とかが多かったので和包丁が1位になったのかと思われます。
ご協力いただいた方、本当にありがとうございました!!

あと、ちょっと曖昧な回答もあったので・・・

これからもまだまだこのアンケートの回答お待ちしております!!


ご意見は、ブログのコメント欄、Twitterでの返信、TwitterでのDM、メール(info@dai-knives.com)何でも結 構です。(^^)

よろしくお願いします!!




■本物の和の刃物 西田刃物工房【大祐作】■


住所】〒861-0803 熊本県玉名郡南関町関町362-2

【TEL/FAX】0968-53-0202(9:00〜20:30受付)


【e-Mail】
info@dai-knives.com

【販売ページ】
http://dai-knives.shop-pro.jp/

【営業時間】9:00〜17:00(冬期)9:00〜18:00(夏期)


【定休日】不定休(ご来店前にお電話いただけると安心です。)


お問い合わせ・ご注文は
販売ページ・お電話・FAX・メールにて
承ります。


TEL/FAX:0968−53−0202
MAIL:info@dai-knives.com



          
この記事をTwitterにRTする!ツイッターに投稿する   


daiknivesをフォローしましょう
【包丁をご購入される際に、どこに重点を置いて選ぶのか教えてください!】


TOPにも書いていますが、「和包丁は切れる」とい思い込みは大間違いです。
しかし、和包丁の見た目はどこの物もほとんど変わらず、どれがいいものなのか選ぶのに悩むと思います。

それで、包丁を選ぶ際に、どこを重点的に見てご購入されているのかを教えていただけるとこれからの製品作りにおおいに役にたつと思い、今回アンケートを取らせていただくことにしました。

例といたしましては、切れ味・デザイン・握った感じ・製作者・錆びにくさ・価格など、短い単語だけで結構ですので多くのご意見お待ちしております。

ご意見は、ブログのコメント欄、Twitterでの返信、TwitterでのDM、メール(info@dai-knives.com)何でも結 構です。(^^)

よろしくお願いします!!




■本物の和の刃物 西田刃物工房【大祐作】■


住所】〒861-0803 熊本県玉名郡南関町関町362-2

【TEL/FAX】0968-53-0202(9:00〜20:30受付)


【e-Mail】
info@dai-knives.com

【販売ページ】
http://dai-knives.shop-pro.jp/

【営業時間】9:00〜17:00(冬期)9:00〜18:00(夏期)


【定休日】不定休(ご来店前にお電話いただけると安心です。)


お問い合わせ・ご注文は
販売ページ・お電話・FAX・メールにて
承ります。


TEL/FAX:0968−53−0202
MAIL:info@dai-knives.com



          
この記事をTwitterにRTする!ツイッターに投稿する   


daiknivesをフォローしましょう
【家庭用の薄刃包丁(角型菜切・三徳を含む)で1番使いやすい包丁の刃渡りを教えてください!】


ナイフは、自分の考えで好きなように造るのが多いのですが、包丁はお客様のニーズにお応えすることが重要だと思います。僕は造る側なので、使う側のご意見は大変貴重です。
さらによい商品の製作のために、是非一人でも多くの方のご協力、お願いいたします。

和包丁は昔からデザイン等、ほとんど変化がなく、見た目はどれも同じように見えます。ですので、サイズだけでなく、「ここがこうだったらもっと使いやすいのに」「柄のデザインがこうだったら・・・」など、他のご要望も随時募集しております。

ご意見は、ブログのコメント欄、Twitterでの返信、TwitterでのDM、メール(info@dai-knives.com)何でも結構です。(^^)

よろしくお願いします!!


■本物の和の刃物 西田刃物工房【大祐作】■


住所】〒861-0803 熊本県玉名郡南関町関町362-2

【TEL/FAX】0968-53-0202(9:00〜20:30受付)


【e-Mail】
info@dai-knives.com

【販売ページ】
http://dai-knives.shop-pro.jp/

【営業時間】9:00〜17:00(冬期)9:00〜18:00(夏期)


【定休日】不定休(ご来店前にお電話いただけると安心です。)


お問い合わせ・ご注文は
販売ページ・お電話・FAX・メールにて
承ります。


TEL/FAX:0968−53−0202
MAIL:info@dai-knives.com



          
この記事をTwitterにRTする!ツイッターに投稿する   


daiknivesをフォローしましょう
| 1/1PAGES |