刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


独立してこれまで、燃料や材料は値上がりする一方で、消費税をいただいておりませんでしたが、さすがに10月からまた増税されるということで、不本意ではございますが10月より消費税をいただくことにいたしました。

 

これまで8%という中途半端で計算しにくい税率が10%という切りのいい計算しやすい税率になったらそうしようと前々から考えてはおりました。

 

前にお話ししました通り、(投稿はこちらからご覧になれます)弟子の独立に伴い、西田刃物工房も一新して商品価格帯も上がる上に消費税をいただくことになり、お客様には大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

現在、今よりももっといいものを早く製作できるように、炉の構造から、鍛接の温度、焼き入れ温度、叩き方・・・など鍛冶屋として基本的な技術や、新たな機材の導入など色々試したり、導入を検討したりしています。

 

正直、今や色々な包丁があって、お客様のニーズも様々で、馬鹿みたいに本鍛造にこだわってやっていけるんだろうかという不安はあります。

 

でも、「包丁のオーダーが多すぎて本鍛造では間に合わない」「生活していくためには複合材も使わなきゃいけない」なんて言い訳してる誇りも何もない名ばかりの鍛冶屋にはなりたくないです。

 

職人といっても商売は商売。そっちの道も間違いではないのですが、僕はある程度歳を重ねた時、こんな若造にそんなこと言われたくないので、意地でも貫き通します。

 

腕はまだまだ未熟、考えは古いし、頑固で要領悪い人間だとつくづく思います(^^;)

 

そんな僕ですが、これからもよろしくお願いいたします。

 

今日はちょっと申し上げにくい投稿になりますが、早めにお伝えしておかないといけないと思いましたので、書いておきます。

 

 

材料や燃料がどんどん値上げしていく中、これまで包丁の定番品(薄刃系)は独立当時の価格から500円だけの値上げで何とか耐えていました。

これも、途中で弟子が入ってきて、2人で製作ができるようになってある程度数も作れていたからです。

 

ですが、弟子もいつかは独立します。

 

もううちにきて7年を超え、腕もかなりついてきました。歳も29となり、これから先のことも考えるともうそろそろ独立しないとこのままズルズルうちにいても意味がありませんし、親御さんも心配しているはずです。

 

という事で、まだ確定はしていないのですが、年内独立を目標に色々進めさせています。

 

 

弟子が独立すれば生産量は単純に2分の1になるわけではありません。もっと下がります。

そうなると今の価格では到底やっていけません。

 

複合材を使えば楽勝です。今の価格より下げても薄利多売でどうにでもなります。

 

 

ただ、これまで何度となく言ってきた通り、僕は複合材を使うくらいなら鍛冶屋をやめます。

 

 

値上げして売れなくなったらそれはそれでそのレベルの物しか作れなかったという事なので、自分の腕を高めるしかないです。

 

 

それこそが職人の世界。

楽して儲かる職業ではありません。

だけど、そこが職人の魅力です。

 

 

これまでの西田刃物工房の包丁は、無名の熊本の鍛冶屋を世に広めるためのいわば「お試し」段階。

お試しに10年は長いですし、お試し品として手を抜いたこともないです。

「お試し」という言葉も今思いついたことです。

 

ただ、そういう風に思っていただけると幸いです。

 

 

これから西田刃物工房は全てが大きく変わります。

 

変わる部分は追い追いお知らせしていきますが、とりあえず今確定していること・・・

 

 

 

それは、定番の包丁を全て一新します!

 

 

見た目もこれまでと同じで価格だけ上げるのも心苦しいですし、見た目どこにでもある和包丁は素人目には本鍛造だろうと複合材だろうと見分けがつきません。

 

なので、作品を見ただけで「西田刃物の包丁だ」とわかる包丁にしようと思います。

 

 

 

ということで、現在の定番品は在庫が少なくなってきても追加製作しておりません。

まだ新しい定番商品は決まっていませんが、早めに決めて徐々に新定番品を作りだめしていこうと思っています。

 

それまでは、現在の定番品で行くわけですが、追加製作していないので、在庫切れの状況が続くかと思います。

その際は受注生産という形で1週間ほどお待ちいただくことになると思います。

 

ご迷惑をおかけするとこになりますが、ご注文される際はお時間に余裕をもってご注文いただけると助かります。

 

 

長くなりましたので、今回はこの辺でやめておきます。

これから考えが固まり次第ご報告していこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

前から言っていました通り、青紙スーパー鋼の値上げ、サイズの種類縮小により値上げせざるを得なくなりました。

今回青紙スーパー本割込み舟行包丁の各種サイズ、仕上げを少数ですがアップいたしました。

今回まではこれまでの価格のままですが、今出品している分が終了次第、次回より値上げとなります。



なお、メインで使用している白紙1号も同じような状況ですので、こちらはまだ薄刃だけはしばらく上げずに頑張ろうとは思っておりますが、そのうち値上げせざるを得ない時がくると思います。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご了承の程、よろしくお願いいたします。




価格据え置きラストの青紙スーパー鋼本割込み舟行包丁はこちらよりお買い求めいただけます。
本数はかなり少ないのでお早めにお願いいたします。

これまでお問い合わせなどでお電話をいただいても鍛造中は電話に気づかなかったり、工程によってはどうしても出れない場合も多々あり、電話してもいつも出ないというご迷惑をおかけしてきました。

 

電話できる時にかけなおせばいいのですが、電話番号をネットで公開していると結構お客様以外の迷惑電話が多いので、基本かけなおしはしておりません。

 

そんな状態をどうにかしようと思い、この度LINE@アカウントを製作いたしました!

 

 

ご来店の際の開店・在庫確認、商品のお問い合わせ、ご質問、ご要望など、メールやFBメッセージなどでは面倒&返事までに時間がかかるツールを使うよりは使い慣れて気軽にできて僕もすぐに確認できるLINEが大変便利です。

 

 

もちろん連絡用ツールだけでなく、たまにお店で使えるクーポンや、お得な情報なども配信予定しております。

 

 

あと、ナイフに興味がある方のために、ナイフ専用のアカウントも製作しております。

連絡用アカウントで新作ナイフのお知らせがきても興味ない方にはただ邪魔なだけなので(^^;)

 

ナイフ用のアカウントでは新作ナイフの情報や、HPアップの日時などいち早くお知らせする予定です。

 

FBやTwitterでもこれまで通り投稿していきますが、いつ投稿されるかフォロワーさんにはわからないし、アクティブな友達が多い方のタイムラインではすぐに流されて見逃してしまう可能性もあります。

 

でもLINEでお知らせがくれば見逃すこともありません。

 

 

もちろん、LINE上でのオーダーの相談など、1:1でのやりとりもできますので、とても便利だと思います。

 

 

とりあえず今回は西田刃物工房(連絡用アカウント)のお知らせですが、ナイフ好きの方はこちらも合わせて友達登録していただけると幸いです。

 

 

他のお店とは違ってそんなにこちらからお知らせを流すこともない(そんなにネタはない)ので、ご迷惑はおかけしないと思いますのでよろしくお願いします(笑)

 

 

↓のアイコンから友達登録できます(^^)

 

友だち追加 


↓PCからの場合はこちらのQRコードをスマホで読み取ってください。

 

よろしくお願いします!!

これまで、なるべく送料がお安くお届けできる定型外郵便を発送方法の1つとして選択できるようにしておりましたが、ついに商品が届かないというトラブルが起きました。


現在調査を依頼しておりますが全く進展なしです。


定型外の場合は保証なし、簡易包装をご理解の上ご選択していただいておりますが、いざ届かなかったとなるとメールにそう明記しているので諦めてくださいと言うのもあまりに酷ですし、こちらとしても心苦しいです。

しかし、注文された商品と同じものをまた送るわけにもいきませんし、返金するわけにもいきません。


お客様と私で探り合いみたいな感じになるのも嫌ですので、今回の事を教訓として、定型外発送を廃止します。

これからは保証、追跡のついた佐川急便のみの発送にいたします。


あと、これは前々から思っていたのですが、きちんと包装しているとはいえ、刃物ですので、箱なしの簡易包装というのもやはり考えものです。


という事で、ご負担いただく送料は少しお高くなってしまいますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

これまでHPでのお買い物の場合、決済方法が銀行振込と代金引換のみでしたが、この度クレジットカードも使えるようになりました!

 

これまでもカード決済は可能でしたが、佐川急便の代金引換で、お届け時に配達員さんにカードで支払うという形でちょっとお客様にとっては面倒なやりかたでした。

 

クレジットカード決済を導入したことにより、高額な商品も分割・リボ払いでお支払できるようになりましたので、是非ご活用ください(^^)

 

使えるカードは以下のとおりです。

 

 

あとコンビニ決済、PayPal決済も追加予定です。

 

搬入日も合わせ1週間の展示会全日程が昨日終了しました。

 

 

 

 

こんなに長い期間接客をしたことがなかったのでかなり疲れましたが、それ以上に人の温かさや、繋がり、接客の楽しさなど、得ることが多く、本当にやってよかったと思いました。

 

思いの外興味をもってくれるお客様が多く、老若男女問わず皆さん長い時間見ていってくれて嬉しかったです。

 

 

 

 

 

一緒にこの展示会のために頑張ってくれた肥後象眼の松永さんにも本当に感謝しています。

展示会前からお互い行き来して計画練ったり、コラボ作品作ったり、そして1週間の展示会も2人でがんばれました。

 

 

 

 

 

 

今回の展示会で自分自身も考え方がかなり変わりました。

今までは渋っていましたが、これからは日本各地で行われているナイフショーなどにも積極的に回ろうと思います。

 

わざわざ、展示会にご来場くださいました方々、関係者の皆様、家族、友達、本当にありがとうございました!!

 

 

 

なお、残った作品は順次HPで販売していく予定ですが、今回から個人的に気に入っているものはHPでは販売せず、次の展示会に取り置きしておこうと思います。

店のショーケースには並べておくので、お店でのご購入は可能ですが、HPでは販売しませんので、ご理解いただけると幸いです。

 

16日〜22日まで、展示会準備&展示会のため、一切の発送業務ができません。

 

この期間にHPよりご注文いただいたお客様にはご迷惑おかけしますが、23日以降、順次発送いたしますのでしばらくお待ち下さい。

 

ご注文いただいたお客様には、なるべくメールでお伝えする予定ですが、場合によってはメール送信が遅くなったりすることもございますので、予めご了承ください。(お問い合わせ等のメールも)

 

展示会については1つ前の記事にのせてあります。

 

店の方は弟子が15時まではいますので、(16時よりアルバイトが入っておりますので)それまでは開けてます。(15時以降は勝手ながら閉店とさせていただきます)

 

ご迷惑おかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

1月の17日から22日で、熊本城の隣、熊本県伝統工芸館にて展示会を開きます。

 

 

鍛造刃物と肥後象眼−伝統の技展−

 

日時:2017年1月17日(火)〜1月22日(日)

   9:00〜17:00(最終日は16時まで)

会場:熊本県伝統工芸館 2階展示室B

   〒860-0001 熊本県熊本市中央区千葉城町3‐35

 

前々から少しお話しておりました通り、僕一人では会場を埋めるのが困難なので、同じ南関町在住の肥後象眼職人、松永さんにもご協力いただき、2人で開きます。

 

 

 

ですので、刃物だけでなく、松永さんの肥後象眼作品や、僕と松永さんのコラボ作品なども展示いたします(^^)

 

 

 

うちの作品としては、コラボ作品も含め、30作品ほど展示する予定です。

 

少しだけ展示する作品も載せておきます。

 

 

 

 

ナイフがメインですが、カスタムの包丁も10本程度は持っていきます。

 

目玉となるダマスカスナイフも時間的に4本が限界でしたけど持っていきます。

 

中型のダマスカスナイフ。

 

小ぶりな青白混合ダマスカスナイフ。これはヒルトが純銀です。

 

手のひらサイズの青白混合ダマスカスのミニナイフ。

 

 

あと1本のダマスカスは、大祐作史上最高傑作と言ってもいいほどの出来栄えです。

お楽しみということで展示会で実物を見てください(^^)

 

展示会ではもちろんご購入も可能です。

ただ、6日間ありますし、最終日が日曜日ということもあり、展示作品が減ってしまうと折角ご来場された方に申し訳ないので、うちの作品は当日お渡しではなく、後日発送という形にしようと思います。

 

売約済みの商品には、触れられないように管理いたしますのでご安心ください。

 

 

とにかく全作品、かなり手間暇かけて丁寧に作り上げた自信作なので、是非見に来てください(^^)

 

皆様のご来場、心よりお待ちしております!!

 

 

1月の17日からある展示会の作品準備にそろそろ本格的に集中しようと思いますので、大変申し訳ございませんが、在庫がない商品のオーダー、再製作を一時休止します。

在庫がある分は今まで通り販売可能です。

展示会につきましては、また改めてご案内させていただきます(^^)
| 1/4PAGES | >>