刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


前回、実用重視のナイフを3本ほど製作しましたが、そのうち1本の片刃ナイフの改良版が4本完成しましたのでご紹介いたします。

 

 

前回のものよりももっと早く造れるやり方でさらにお求めやすい価格にいたしました(^^)

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

1本目は刃渡り約75mmの小型ナイフです。

この1本だけちょっとブレードとハンドルの下部分に凹凸加工しているので少し手間がかかっています。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約87mmの小型ナイフです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

3本目・4本目はさらに小ぶりで、こちらが刃渡り約62mmとなります。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4本目が刃渡り約65mmの小型ナイフです。

3本目と4本目のみハンドルは高級組紐を使用しています。

ハンドル真ん中に1本紐を通して巻いていますので、真ん中が軽く膨らんでおり、握り心地よくなっています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

これからのアウトドアシーズンに最適な実用ナイフ、3本完成しました!

 

 

渓流釣りにはもってこいのナイフです。

3種類とも用途が違うので、用途にあったナイフをご選択いただけます。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約180mmの大きめのナイフです。

山で枝打ちやヤブ払いにガンガン使用していただけます。

ハンドルはパラコード巻きですので、汚れてきたらほどいて新しいパラコードを巻き直すこともできます。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約85mmの小ぶりなナイフになります。

ロープを切ったり、木を削るなど、黒打ちですので、気兼ねなく使用できます。

ハンドルはスエードを巻いてありますので、滑りにくく、握り心地も良いです。

スエード紐自体はブレード根本部分のみ軽く接着してあるだけですので、こちらもパラコードと同じように巻き直しが可能となっております。

シースの革の背中部分に細かい革割れがありますが、気になるほどではありません。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

最後は刃渡り約75mmの細身な片刃のナイフになります。(右利き用)

ブレードは細身で、小魚解体や、ちょっとした時にさっと取り出せて大変便利です。

ハンドルは組紐巻きで、こちらも1番上のみ軽く接着してあるだけですので、ほどいて巻き直し可能です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

前に試作品として造ってみて、とても反響があったのでまた製作しました。

 

 

前回、神戸のナイフショーでは3本製作して完売、今回の安来ナイフショーでは売れはしなかったものの、ナイフ以上に皆さん興味を持っていただきました(^^)

 

今回の3本は刃渡りは180mm前後でほとんど変わりませんが、全て同じではなくそれぞれちょっと違いますので、是非ご覧ください。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

【180mm牛刀 六角黒檀柄】

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【185mm牛刀 六角紫檀柄】

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【170mm菜切り 六角黒檀柄】

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

GWに行われました安来ナイフショーで出展いたしましたナイフ、先日高級志向のナイフを出品しましたので、残りのナイフも全て出品致しました。

 

あと、少し前に完成していた左利き用の片刃のナイフもまだアップしていませんでしたので、一緒に載せておきます。

 

 

 

今回アップした分で手元にあるナイフは全てとなります。

次回のナイフショーが9月の博多ですので、博多ナイフショーには全て新作で挑みたいと思っています。

今回も数が多いので簡単な説明だけ書いておきますので、詳細は販売ページにてご確認ください。

 

あと、包丁が少し残っているので包丁の方はまた後日アップ致します。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

白紙1号本割込み、ブレード長約185mmのナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドとボコテの組み合わせです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

白紙1号本割込み、ブレード長約155mmのナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドと花梨の瘤の組み合わせです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号沸かし付け本鍛造、ブレード長約105mmの片刃(右利き用)ナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドとオリーブウッドの組み合わせです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号沸かし付け本鍛造、ブレード長約105mmの片刃(右利き用)のナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドとボコテの組み合わせです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号沸かし付け本鍛造、ブレード長約105mmの片刃(右利き用)の多層鋼ナイフです。

ハンドルはスタビライズドウッドです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

白紙1号挟み込み本鍛造、ブレード長約107mmの片刃(左利き用)のナイフです。

ハンドルはシンプルに黒檀のみを使用。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

以上で全てとなります。

これからしばらくは実用向きのナイフを製作していこうと思いますのでよろしくお願いします!

 

 

5月の4〜5日に島根県の安来市で開催されました、安来ナイフショーも無事終えたので、現在残っている全てのナイフ&包丁などを順次HPにて販売いたします。

 

本数が多いので、何度かに分けて出品していこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

今回はダマスカス系、多層鋼系のナイフを一挙6本ご紹介したいと思います。

高級志向のナイフですが、普通の割込みもまだありますので、後日またアップ致します。

 

 

商品説明まで書いてしまうと凄く長い投稿になってしまいますので、説明は簡単に済ませます。

詳細は販売ページの方でご確認いただけると幸いです。

 

※写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

 

 

今回1番の高級ナイフ、ブレード長約135mmのニッケルダマスカスナイフです。

ハンドル材は最高級木材デザートアイアンウッドバールになります。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレード長約103mmの青白混合ダマスカスです。

ハンドル材は高級木材スネークウッドをメインとしたハンドルになっています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

ブレード長約72mmの小ぶりな青白混合ダマスカスナイフです。

ハンドルは鮮やかな杢目のスタビライズドウッドです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレード長約105mmの細身青白混合ダマスカスナイフです。

ハンドル材はクールで瘤模様の大変綺麗なスタビライズドウッドをメインに使用しました。

両側にアバロンをインレイしています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

ブレード長約130mmの多層鋼ナイフです。

ハンドルはまるで宇宙のような幻想的な杢目・色のスタビライズドウッドです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

最後にブレード長約115mmの多層鋼ナイフです。

ハンドルは、スタビライズドウッドと紫檀の組み合わせでシックな感じのハンドルに仕上がっています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

以上、また残りのナイフ・包丁は出品次第ブログにてご紹介いたしますが、西田刃物工房のLINE@アカウントに登録していただけると、HPアップ後すぐにお知らせが届きますので、気になる方は是非友達登録お願い致します!

 

友だち追加

 

↓QRコードはこちらです↓

 

最近はナイフショーなどもあったため、高級志向のナイフが多かったのですが、高級なものになるとお値段も高くなりますし、なかなか実用できないどちらかというと観賞用のナイフになってしまう事が多くなっていました。

 

本鍛造のナイフなので、切れ味も大きな特徴なのに実用されなければよさも半減してしまうと思い、今回は仕上げレベルを少し落とした実用型のナイフを製作いたしました。

 

 

仕上げのレベルを落としたとしてもパット見はさほど変わりませんし、実用に関係してくる部分は変わらずにしっかりと製作しております。

 

これからは高級志向のナイフだけでなく、こういう実戦向きのナイフも造っていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

1本目はブレード長約120mmの青紙スーパー本割込みナイフです。

 

ブレードはご好評いただいております青紙スーパー鋼を本割込みで鍛造したブレードで切れ味・刃持ちは抜群です。

 

ハンドルはシンプルに紫檀のみを使用。

蜜蝋ワックス仕上げで控えめな艶で品のある仕上がりとなっています。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約128mmの白紙1号本割込みのナイフです。

 

うちでメインとして使用している白紙1号を本割込み鍛造したブレードで、切れ味・刃持ちは抜群で研ぎやすいです。

 

ハンドルはブビンガのみを使用。

蜜蝋ワックス仕上げで控えめな艶で品のある仕上がりとなっています。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

これまでお問い合わせなどでお電話をいただいても鍛造中は電話に気づかなかったり、工程によってはどうしても出れない場合も多々あり、電話してもいつも出ないというご迷惑をおかけしてきました。

 

電話できる時にかけなおせばいいのですが、電話番号をネットで公開していると結構お客様以外の迷惑電話が多いので、基本かけなおしはしておりません。

 

そんな状態をどうにかしようと思い、この度LINE@アカウントを製作いたしました!

 

 

ご来店の際の開店・在庫確認、商品のお問い合わせ、ご質問、ご要望など、メールやFBメッセージなどでは面倒&返事までに時間がかかるツールを使うよりは使い慣れて気軽にできて僕もすぐに確認できるLINEが大変便利です。

 

 

もちろん連絡用ツールだけでなく、たまにお店で使えるクーポンや、お得な情報なども配信予定しております。

 

 

あと、ナイフに興味がある方のために、ナイフ専用のアカウントも製作しております。

連絡用アカウントで新作ナイフのお知らせがきても興味ない方にはただ邪魔なだけなので(^^;)

 

ナイフ用のアカウントでは新作ナイフの情報や、HPアップの日時などいち早くお知らせする予定です。

 

FBやTwitterでもこれまで通り投稿していきますが、いつ投稿されるかフォロワーさんにはわからないし、アクティブな友達が多い方のタイムラインではすぐに流されて見逃してしまう可能性もあります。

 

でもLINEでお知らせがくれば見逃すこともありません。

 

 

もちろん、LINE上でのオーダーの相談など、1:1でのやりとりもできますので、とても便利だと思います。

 

 

とりあえず今回は西田刃物工房(連絡用アカウント)のお知らせですが、ナイフ好きの方はこちらも合わせて友達登録していただけると幸いです。

 

 

他のお店とは違ってそんなにこちらからお知らせを流すこともない(そんなにネタはない)ので、ご迷惑はおかけしないと思いますのでよろしくお願いします(笑)

 

 

↓のアイコンから友達登録できます(^^)

 

友だち追加

 

よろしくお願いします!!

去年の1月に熊本の伝統工芸館で展示会をした時に製作して、数本手元に残していたナイフ3本をHPにて販売中です。

 

製作から1年以上経っていますのでお安く販売致します。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目はブレード長約280mmの大型の剣鉈です。

最近はここまで大きいサイズのものはほとんど製作していません。

仕上げなおしてありますので、ナイフ本体はほぼ新品同様ですが、鞘のほうが多少変色・傷等ございます。(緩みはないのできっちり収まります)

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約210mmの狩猟刀になります。

 

ブレードは幅広で迫力のある多層鋼ブレードです。

ハンドルのコーティングが部分的に傷んでいたのでコーティングし直したのですが、若干ムラが出てしまいました。(写真でも分からない程度ですが)

その点を除けば新品同様です。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3本目はブレード長155mmのダマスカスナイフです。

 

これは販売しようか、まだ残しておこうか悩んだのですが、とりあえずHPにあげておきます。

 

ブレードは青紙2号・白紙1号・SK材・地金+αの手打ちダマスカスです。

上記の中のどれかはわかりませんが、仕上げの段階で恐らく変色だと思うのですが、いい感じに色がついて綺麗だったのでそのまま仕上げました。

もう1度やれといわれてももうできないかもしれません。

峰側に若干のサビあり。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

熊本の伝統工芸「肥後象嵌」。

肥後象嵌士 稲田憲太郎さんとのコラボ作品、肥後象嵌切出し小刀3本を販売開始しました。

 

 

龍の象嵌の小刀だけは、個人的に持っておきたい気持ちが捨てきれないので(笑)3月末までの期間限定として販売致します。

 

販売ページの方には動画も載せていますので気になる方は是非ご覧ください。

写真が多いので説明は簡単にしますので、詳細は販売ページにてご確認ください。

 

 

 

 

 

 

【雲龍図切出し小刀】

 

今回製作した3本の中で桁違いの存在感を出している最高級の小刀です。

純金・純銀・青金(純金と純銀を混ぜ合わせた合金)・プラチナを贅沢に使用した逸品です。

こちらの小刀だけは3月末までの限定販売です。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

【桜紅葉流水紋様切出し小刀】

 

女性向けデザインで、品がある図案です。

裏にも桜と紅葉が象嵌してあります。

いつの間にか若干の反りが出ていましたので気持ちお安く販売致します。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

【唐草紋切出し小刀】

 

シンプルな唐草模様の象嵌で、1番実用的な仕上がりになっています。

紐を巻いて使いやすさと、和の雰囲気をさらに引き立ててみました。

サイズ的には1番大きいです。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

これまでダマスカスナイフは結構製作してきましたが、今回初となるニッケルダマスカスナイフの出品です。

 

 

今までのダマスカスとの違いは、今までは大きく分けると軟鉄と鋼のダマスカスでしたが、今回はこれに+純ニッケルを混ぜて鍛造してあります。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

ブレードは軟鉄・青紙2号・白紙1号・純ニッケルの4種類の金属を合わせ、折り返し鍛錬を繰り返し、最後に芯材となる青紙2号を挟み込み本鍛造してあります。

 

これまで製作してきたダマスカスよりさらに難易度は上がっていますが、純ニッケルを入れることで、これまでのダマスカスブレードよりも輝きが増し、大変綺麗です。

 

 

片側だけ軽く磨いたら若干模様が薄くはなりましたが、はっきりと綺麗に浮き出ています。

 

 

ハンドルはボックスエルダーバールのスタビライズドウッドで、大変艶があり綺麗です。

ピン留めの上からアバロンを両面にインレイしてあります。

 

 

 

僅かですが、鍛接痕が残っていますが、実用には問題ございません。

僅かな鍛接痕、片側の模様が少し薄くなったという事で少しお安く致します。

 

 

今回ナイフショーのためにニッケルダマスカスナイフは2本造りましたが、1本は今後のショーのためにストックしておきますので、今回はこの1本だけの販売となります。

 

 

 

 

動画もありますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

| 1/46PAGES | >>