刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


3月3・4日に神戸KIITOホールで開催されます、オールニッポンナイフショーに初参加するのですが、正直どのくらいの本数持っていけばいいかわからず、とりあえず造れるだけ造って持っていく予定です。

 

ただ、普段の仕事の方も忙しく、なかなか本数造れそうにないので、HPで販売しているナイフも一応予備として数に入れておかないと安心できない状態です。

 

なのでHPで販売していたナイフを一旦非表示にさせていただきます。(1本だけ残していますが。)

 

あと、折角のナイフショーなので、なるべく多くの新作をお披露目したいと思っておりますので、あと1ヶ月もないですが、集中して製作しようと思います。

ですので、在庫切れの包丁をご注文いただいた場合、出刃や刺身など手間がかかるものの場合に限り、ナイフショー終了後からの順次再製作とさせていただきます。

 

お急ぎの場合は、お電話かメールにて在庫確認されてからご注文ください。(お電話の場合、夜18〜21時がつながりやすいです。)

 

ご迷惑おかけしますが、ご理解いただけると幸いです。

久しぶりに新作ナイフが2本完成しましたのでご紹介します。

 

 

シンプルな小ぶりのナイフです。

1本はシースにちょっと訳ありなので少しお安く販売します。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

1本目はブレード長約115mmのナイフです。

 

ブレードは白紙1号本割込み、ハンドルは芯の詰まったスタッグを使用。

使いやすいサイズ・形状で1本あると様々な場面で便利です。

 

スタッグはそのままの状態が非常にいい感じでしたのでコーティングは何も施しておりません。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

2本目もブレード長約115mmの小型ナイフになります。

 

こちらもブレードは白紙1号本割込みです。

ハンドルはオリーブウッド、仕上げは蜜蝋ワックス仕上げでしっとりと品のある仕上がりになっています。

シースの上の方に曲げた際にひび割れが生じてしまいましたので、少しお安く販売致します。(写真3枚目参照)

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

和テイストのナイフと包丁をそれぞれ2本ずつ製作いたしましたのでご紹介致します。

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

今回は本数が多いので簡単にご紹介致します。詳細は販売ページの方からご確認ください。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約95mmのナイフになります。

 

ブレードのボコボコが特徴的でインパクトがあります。

ブレードに合わせ、ヒルト(口金)部分も同じ加工を施してあります。

 

ハンドルは和のデザインに合わせ、真ん中に鎬ラインを入れてあり、さらに蜜蝋ワックス仕上げで控えめな品のある艶で和風に仕上げました。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約90mmのナイフです。

 

こちらは1本目のナイフと同じ仕様で、ボコテハンドルバージョンとなります。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

3本目は刃渡り約180mmの牛刀です。

 

上記のナイフの包丁バージョンになります。

とても手の込んだ贅沢な包丁です。人とは違った包丁をお探しの方にお薦めです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

最後は刃渡り約185mmの牛刀です。

 

こちらは鎚目の黒打ち仕様で、柄も楕円形で仕上げてあります。

シンプルですが、全て手作りの1点物ですので、他にはない包丁です。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

新作の多層鋼ナイフが2本完成しましたのでご紹介します。

 

今回のナイフはいつもと違って、シンプルだけど手の込んだ、和が強めの渋いナイフです。

 

 

写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約145mmの多層鋼ナイフです。

 

ブレードはシンプル&シャープの鋭いデザインで、狩猟からアウトドアまで様々な用途に使用できます。

多層鋼の模様も綺麗に浮き出ています。

 

ハンドルはスタビライズウッド(樹脂を含浸させてある木材)の中でも人気の高いボックスエルダーバールを使用。

今回真ん中に鎬のラインをいれて、和風に仕上げました。

六角に研磨した後に上下の角を落として丸くしてありますので握った時も痛くありません。

ヒルトもガードなしのタイプで、シンプルに仕上げています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目は刃渡り約150mmの多層鋼ナイフです。

 

ブレードは幅広タイプでワイルドなデザインとなっています。

こちらも多層鋼の模様が綺麗に浮き出ています。

 

ハンドルはボコテを使用。

杢目が大変綺麗で、蜜蝋ワックスの控えめな艶が和の雰囲気を引き立てています。

今回は久々にヒルトを銅で製作しましたので、さらに和テイストのナイフに仕上がっています。

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

新作の中型多層鋼ナイフが2本完成しましたのでご紹介致します。

 

今回のナイフは、1本が男性っぽいワイルド&クールデザインで、もう1本が女性っぽい艶やか&かわいらしいデザインと、イメージの違う2本にしてみました。

 

 

※写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は男性らしいクールデザインのブレード長約165mmの多層鋼ナイフです。

 

多層鋼に白紙1号本割込みですので、切れ味・刃持ちは抜群です。

 

ハンドルは黒合板にご好評いただいておりますスタビライズドウッドの中でも特に人気の高いボックスエルダーバールを使用。

樹脂が芯まで含浸されていますので、耐水性抜群で強度もあり、とても綺麗な艶があります。

黒のハンドルにニッケルシルバーのヒルトがクールなイメージを引き立てています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

2本目は女性っぽい艶やかなイメージのブレード長約148mmの多層鋼ナイフです。

 

ブレードはこちらも多層鋼に白紙1号本割込みです。

 

ハンドルは人工大理石にこちらも人気の高いボックスエルダーウッドのスタビライズドウッドです。

白にピンク、ヒルトが真鍮(金色)で、艶やかでもあり、ゴージャス感もあります。

 

写真でも確認できるようにシース部分にわずかに傷がありますが実用には問題ありません。(ホック横辺り)

 

2本ともシースの革が前よりさらに質がよくなり、作りも少し変えてさらに手間をかけていますので大変丁寧な仕上がりになっています。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

新作の青紙スーパー本割込み小型ナイフが完成しましたのでご紹介致します。

 

 

※写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

ブレード長約100mmの小型のナイフです。

 

ブレードはご好評いただいております青紙スーパー本割込みですので、切れ味・刃持ちは抜群です。

小型で日常的に様々な場面で重宝します。

 

ハンドルはこちらも人気の高いスタビライズウッドです。(天然木に樹脂含浸加工された非常に美しく強度のあるハンドル材)

スタビライズウッドは高価で入手するのが大変なので、いつも多層鋼やダマスカスなど、高級なブレードにしか使用しておりませんでしたが、今回は青紙スーパー本割込みの磨き仕上げに贅沢に使用しました。

 

杢目、色、艶全て非常にいい状態です。

 

シースはポーチタイプです。

今回より、さらにレザーシースの革の質が良くなりましたので、見た目、強度と非常にいい革を使用しております。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

ここのところ小ぶりなサイズのナイフばかりでしたが、狩猟シーズンも近づいてきましたので、今回は少し大きめの狩猟刀を2本製作いたしました。

 

 

写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目はブレード長約210mmの狩猟刀になります。

 

ブレードは白紙1号本割込みで、切れ味・刃持ちは抜群です。

すっしりとしたブレードで重量感があります。

山仕事や狩猟にガンガン使用できます。

 

ハンドルは人気のスタビライズウッドとシャム柿の組み合わせで、杢目、色の相性が大変良く、非常に綺麗です。

仕上げは蜜蝋ワックス仕上げで、品のある控えめの艶と、しっとりと手に馴染む握り心地よさが実用、鑑賞両方兼ね備えたハンドルです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

2本目はブレード長約205mmの狩猟刀です。

 

こちらもブレードは白紙1号本割込みで、1本めのナイフとほぼ同じタイプです。

 

ハンドルはスタビライズウッドにブビンガの組合わせで、こちらも色、杢目の相性がよく、高級感があります。

仕上げも1本目と同じく蜜蝋ワックス仕上げです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

新作の高級ペティナイフが2本完成しましたのでご紹介致します。

 

プレゼントにも喜ばれそうなおしゃれな果物ナイフです(^^)

 

とても軽く、ちょっとした時に大変便利な包丁です。

 

 

※写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

1本目は刃渡り約110mmのペティナイフです。

 

刃は今回青紙2号を本割込みで鍛造しております。

もちろん切れ味・刃持ちは抜群です。

 

ハンドルはご好評いただいておりますスタビライズドウッドで、樹脂を染み込ませてありますので防水性に優れています。

元の木材の硬い部分と柔い部分で染まり方が違い、大変綺麗です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

2本目も刃渡り約110mmのペティナイフです。

 

ブレードはこちらも青紙2号本割込み鍛造です。

 

ハンドルはレジン(樹脂)です。

青のマーブル模様が大変綺麗で、とても艶があります。

樹脂のみのハンドルなので、防水性は抜群です。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

新作の小型多層鋼ナイフが完成しましたのでご紹介致します。

 

 

写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

 

ブレード長約105mmの小ぶりな多層鋼ナイフです。

 

ブレードは多層鋼材に白紙1号を本割込してありますので、切れ味・刃持ちは抜群です。

切っ先に向けて峰側も薄くしてありますので、小魚を捌く時などスッと刃が入り、作業しやすいです。

 

ハンドルはご好評いただいておりますスタビライズドウッドです。

杢目も綺麗ですが、色も大変綺麗です。一見濃い青に見えるのですが、よく見ると緑も入っていて、グラデーションがいい感じです。

滑らかに磨き上げていますので握り心地も抜群です。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

大したことではないんですけど、現在仕事で使用しているSNSは、このブログ、FacebookTwitterが主なのですが、スマホで手軽に近況報告をするのにはやはりFBとTwitterが1番便利で、リアルタイムで色々な情報をお知らせすることができます。

 

ブログとなると、それなりの内容がないとなかなか・・・

それにスマホでも投稿は出来るのですが、FBTwitterほど手軽にできないので、結局ブログは新作発表の場になってしまっています(^^;)

 

なので、作品以外のことに興味がある方は、FBTwitterを見ていただけると助かります。

 

こちらでは引き続き新作発表&紹介を中心に更新していきます。

 

全部一人でやっているのでなかなか全てに手が回りませんので、ご理解いただけると幸いです。

 

「西田刃物工房 Facebookページ」・・・https://www.facebook.com/daisukesaku?ref=hl

 

「西田刃物工房 Twitter」・・・https://twitter.com/daiknives

| 1/45PAGES | >>