刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


個人的に気に入っていたのでオーダー分まとめて10本製作した小型渓流刀ですが、在庫が残り1本となりましたので、残りの4本もHPにアップいたしました。

 

 

写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

刃渡り約70mmのナイフです。(片刃・右利き用)

ハンドルは見た目がまるで鎖のような紐巻きです。

ブレードの黒打ち凹凸加工ととても合っています。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

刃渡り約70mmのナイフです。(片刃・右利き用)

ハンドルはグラデーションが綺麗な紐巻きです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

刃渡り約70mmのナイフです。(片刃・右利き用)

ハンドルは高級組紐巻きですが、少し長さが足りず、垂らしはないです。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

刃渡り約85mmのナイフです。(片刃・右利き用)

ハンドルは高級組紐巻きです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八角水牛柄が手に入ったので、作ったことありそうで、これまでほとんど作ったことのない多層鋼包丁2本と、オーダーの予備で製作していた一尺先丸蛸引き1本、ナイフショー前に製作していた人気のスタビライズドウッドを使用したフルカスタム舟行包丁1本をアップいたしました!

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

白紙1号本割込165mm多層鋼牛刀 八角水牛柄

 

 

 

白紙1号本割込180mm多層鋼牛刀 八角水牛柄

 

 

 

 

白紙1号本割込165mm多層鋼舟行 六角スタビライズドウッドフルカスタム

 

 

 

青紙2号沸かし付け本鍛造一尺先丸蛸引き 八角水牛柄

 

 

◎全商品詳細はこちらより◎

 

 

個人的にとても気に入ったので、追加で小型渓流刀製作しました。

 

 

全部で10本製作し、1本はオーダー、2本はちょっとした失敗でアウトレット、残り7本は2回に分けてHPにアップしたいと思います。

 

今回は3本アップいたしましたのでご紹介いたします。

 

あとちょっとした失敗作2本はヤフオクにてお安く出品中です。

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

1本目は、ブレード長約90mmのナイフです。

ブレードは白紙1号沸かし付け本鍛造(右利き用)で、表面に凸凹の加工を施しています。

ハンドルは紐巻きで、古くなったら巻き直しも可能です。

簡易シースは手縫いのハンドメイドではありますが、おまけ程度にお考えください。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

2本目はブレード長約82mmのナイフです。

仕様は1本目と同じで、違うのはサイズと巻いてある紐だけです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

3本目はブレード長約73mmのナイフです。

 

こちらも仕様は上記2本と同様です。

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

あと、アウトレットのナイフ2本ですが、2本とも上記ナイフと仕様は同じです。

アウトレット内容が1本が根本峰付近にほんの僅かにヒビが入っていて、あと1本はちょっと目立つ鍛接痕が消えなかったのでお安く出品しています。

 

☆オークションはこちらです☆

 

 

 

| 1/275PAGES | >>