刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

新作の多層鋼ナイフが1本完成しましたのでご紹介致します。

 

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

ブレード長約149mmの多層鋼片刃ナイフです。(右利き用)

 

 

ブレードは多層鋼の模様が綺麗に浮き出ています。

白紙1号沸かし付け本鍛造の片刃ですので、切れ味は両刃以上です。

片刃のこのタイプのナイフは非常に希少で、本鍛造ができる者のみが作れるブレードです。

 

 

アウトドア、魚の解体、狩猟など用途は様々です。

 

 

ハンドルはブルーのスタビライズドウッドにシャム柿の組み合わせです。

杢目もきれいで、大変丈夫です。

 

さらに特殊コーティングで非常に綺麗な艶があり、耐水性に優れ、経年劣化によるコーティング剥がれにも強いです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

新作の多層鋼ナイフ、両刃と片刃1本ずつ完成しました!

 

 

 

※写真をクリックすれば大きな写真がご覧になれます。

 

 

 

 

1本目はブレード長約160mmの両刃の多層鋼ナイフになります。

 

ブレードは多層鋼材に白紙1号本割込みです。

エッチング処理により、多層鋼の模様をはっきりと浮き出してみました。

アウトドアや狩猟など、様々な場面で役に立つサイズ・形状です。

 

ハンドルは最高級木材アイアンウッドを贅沢に使用。

明暗のくっきりした極上の杢目で見た目も最高ですが、強度も抜群です。

さらに特殊コーティングで非常に綺麗な艶があり、耐水性に優れ、経年劣化によるコーティング剥がれにも強いです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

2本目はブレード長約135mmの片刃の多層鋼ナイフです。

 

ブレードは多層鋼材に白紙1号沸かし付け本鍛造で、片刃になります。(右利き用)

片刃ですので切れ味は両刃以上です。

片刃のこのタイプのナイフは非常に希少で、本鍛造ができる者のみが作れるブレードです。

 

ハンドルは大人気のスタビライズドウッドを使用。

手に馴染む形状で、非常に握り心地がよく、しっくりと馴染みます。

さらに特殊コーティングで非常に綺麗な艶があり、耐水性に優れ、経年劣化によるコーティング剥がれにも強いです。

 

販売ページはこちらです。

 

 

 






そろそろ西田刃物工房も大きく変わらなきゃいけない頃かなとちょっと前から思ってます。

独立して10年…



途中色々ありましたがお客様のおかげで何とか続けてこれました。


ただ、自分は現状維持ってのがどーも向いていないようで、もっと視野を広げて、もっと違うものを、もっと多くの方に使ってもらいたいと考えています。


職人たるもの現状に満足してはいけない…というか、満足したら終わりだし面白くない。


ということで、今年中に何かしら変わる予定です(笑)


計画も漠然としたものから少しずつ固まりつつあります。



詳しくはまだ言えませんが、楽しみにしててください(^^)



以上。
写真はもうすぐ完成する多層鋼ナイフです♪


2017/07/05 (水) 16:18 | 雑談
trackbacks(0) | comments(0)
| 1/263PAGES | >>