刃物は「切れ味・刃持ちのよさ・研ぎやすさ」 熊本の田舎のかじや 【西田刃物工房】 

包丁一つで料理の出来、楽しさが変わります。ナイフ一つで作業の効率、手間が変わります。 刃物に関するご質問、随時承ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「包丁はやっぱり和包丁が1番切れる!」・・・と思われている方はかなりいらっしゃると思います。
確かにステンレスなどに比べれば切れ味・刃持ち・研ぎやすさは比べものにならないほどいいですが、それは
「よい本物の和包丁」を使った場合の話です。
和包丁でも、
機械生産の大量生産品や、鍛冶屋の腕によって悪いものはいいステンレスの包丁以下の物もあります。
このブログでは、いい包丁の選び方や研ぎ方、他にも色々と刃物に関するお役立ち情報を書いておりますので是非ご参考にされてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


手作りニッケルダマスカスのナイフと包丁が完成しましたのでご紹介いたします。

 

 

※写真をクリックすれば大きな画像がご覧になれます。

 

 

 

最初にブレード長約120个離淵ぅ佞任后

 

 

ブレードは純ニッケル+極軟鉄+青紙2号の手打ちダマスカスで、今回はあえて層数を少なくして1つ1つの模様を大きく出してみました。

 

芯材は白紙1号を挟み込み本鍛造で入れています。

 

 

 

ハンドルはブラックペーパーマイカルタと樹脂を含侵させたスポルテッドメイプルです。

珍しい木目で、なかなか入手できないハンドル材となっています。

 

 

シースはイタリアンレザーを使用した贅沢なシースとなっています。

 

 

様々な角度から撮った動画もございますので、是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 


 

 

次に刃渡り約145个諒饕です。

 

 

こちらもあえてダマスカスの層を少なくして模様を大きく出しています。

肉・野菜・魚(身のみ)・ペティとして使用できます。

芯材はこちらも白紙1号を挟み込み本鍛造してあります。

 

 

 

柄も全て手作りで製作しています。

 

コーリアン(人工大理石)と樹脂を含侵させたブラックアッシュバール(スタビライズドウッド)の八角柄で、水にはかなり強い素材となっています。

 

継ぎ目にはニッケルシルバー板をはさんであり、経年劣化による緩みを防ぐために、全てのパーツはピン止め(4本)しています。

 

 

詳しくは動画に載せていますので、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

独立してこれまで、燃料や材料は値上がりする一方で、消費税をいただいておりませんでしたが、さすがに10月からまた増税されるということで、不本意ではございますが10月より消費税をいただくことにいたしました。

 

これまで8%という中途半端で計算しにくい税率が10%という切りのいい計算しやすい税率になったらそうしようと前々から考えてはおりました。

 

前にお話ししました通り、(投稿はこちらからご覧になれます)弟子の独立に伴い、西田刃物工房も一新して商品価格帯も上がる上に消費税をいただくことになり、お客様には大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

現在、今よりももっといいものを早く製作できるように、炉の構造から、鍛接の温度、焼き入れ温度、叩き方・・・など鍛冶屋として基本的な技術や、新たな機材の導入など色々試したり、導入を検討したりしています。

 

正直、今や色々な包丁があって、お客様のニーズも様々で、馬鹿みたいに本鍛造にこだわってやっていけるんだろうかという不安はあります。

 

でも、「包丁のオーダーが多すぎて本鍛造では間に合わない」「生活していくためには複合材も使わなきゃいけない」なんて言い訳してる誇りも何もない名ばかりの鍛冶屋にはなりたくないです。

 

職人といっても商売は商売。そっちの道も間違いではないのですが、僕はある程度歳を重ねた時、こんな若造にそんなこと言われたくないので、意地でも貫き通します。

 

腕はまだまだ未熟、考えは古いし、頑固で要領悪い人間だとつくづく思います(^^;)

 

そんな僕ですが、これからもよろしくお願いいたします。

 

仕上げのレベルを落とし、お求めやすい価格の実用仕上げナイフが4本仕上がりましたのでご紹介いたします。

 

白紙1号本割込み2本に、青紙スーパー本割込み2本です。

 

あと、アウトレットの包丁4本を先ほどオークションのほうに出品いたしましたので、こちらも是非ご覧ください(^^)

 

 

 

 

※写真をクリックすると大きな画像がご覧になれます。

 

ブレードに傷のようなものが写っていますが、錆止めを塗布しておりますのでそれの痕です。気になる方は塗りなおすか、シンナー等で拭き取れば取れます。

 

本数が多いので詳細はHPの方でご確認ください。

 

 

 

 

 

ブレード長約110个稜鮖1号本割込みナイフです。

ハンドルは久々のクラウンスタッグを使用しました。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

ブレード長約115个稜鮖1号本割込みナイフです。

ハンドルはブラックアンドホワイトエボニーです。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレード長約100个寮鳥罐后璽僉舎楹箙みナイフです。

ハンドルは黒合板です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

ブレード長約100个寮鳥罐后璽僉舎楹箙みナイフです。

ハンドルは花梨瘤です。

 

 

販売ページはこちらです。

 

 

 

とりあえず、実用仕上げのナイフはこれで一旦お休みして、また上仕上げのナイフ製作に戻ります。

実用仕上げばかりを作っていると上仕上げの腕が落ちてしまいそうなので(^^;)

 

半々くらいで製作していけるといいかなと思っていますのでよろしくお願いいたします。

 

 

| 1/289PAGES | >>